2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「TBSのラジオに生出演!?」
 ホテルのマットが合わなかったのか、良く眠れず、仕方がないので6時に起きて、通信の校正作業。8時に朝食をとり、10時から次号『Whisky World』のミーティングを、ホテル下の喫茶店で、ゆめディアのW社長、Mさんと3人で行う。ワールドは出たばかりだが、さっそく次号のラインナップについて検討。次号も「マッサン」がらみで、ジャパニーズウイスキー特集だ。

 ミーティング終了後、11時50分の新幹線で東京へ。途中、京都駅のホームには修学旅行生があふれていた。そういえば10月は修学旅行のシーズンでもある。紅葉を見る余裕はまったくないが、ふと高校の時の修学旅行を思い出してしまった。もちろん、京都の紅葉はもう1カ月先ではあるが。

 車中で爆睡。2時すぎに品川に着き、そのまま電車でスコ文研へ。4時から再び電話でTBSのYディレクターと打ち合わせ。1時間近い生放送なので、途中テイスティングしながらウイスキーの楽しみ方などをレクチャーすることになった。それらのボトルとグラスを用意し、夕方一度、恵比寿の仕事場にもどり、夜9時半にタクシーで赤坂のTBSへ。

 番組はすでに始まっていたが、私の出番は10時45分からということで、30分ほど待機。その後、スタジオ入りして45分からスタート。ラジオの生放送に出るのは、まったくの久しぶりで、最初は勝手がわからず戸惑ってしまう。どうも、ラジオというのが話しづらい。しかもウイスキーの基礎知識から、飲み方、楽しみ方と広範囲で、時間はあっという間。気がついたら予定の11時45分になっていたという感じだ。

 結局、試飲はマッカランのルビーとアードベッグのアリゲーター、そして竹鶴ピュアモルト17年の3種類。響の30年も持っていったが、それを飲む時間はナシ。それにしても、ややマニアックな選定だったかもしれない。いずれにしろ、「マッサン」が始まってまだ5日目だというのに、その効果たるや絶大である。取材・出演依頼が殺到していて、一瞬も気が抜けない日々が続いている。こんなんで、半年もつのかしらん…とも思っているのだが。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter