1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「東京バーショーとカティサーク」
 東京バーショー初日の昨日は6時前に起き、準備して10時すぎに会場となる水道橋の東京ドームシティ、プリズムホールへ。すでにスタッフのSさん、Oさんが来て準備にかかっている。今日は検定のプロモートと、サイン本を売るくらいなので、準備はあっという間。アサヒさんや、多くの関係者に挨拶をし、11時に初日がオープン。

 1時半すぎにミニセミナーで、竹鶴ノートについて講義(?)。20分という持ち時間なので、ほとんど核心に触れることができず。それでも参加者にサプライズで、アップルブランデー・リタの30年が1杯ずつ振舞われた。

 再びブースにもどり、検定をアピール。3時半すぎにこんどはレミーコアントロー・ジャパンから頼まれたブルイックラディセミナー。主にテロワールの話をし、アイラバーレイ2006を試飲。やはり、ブルイックラディは面白い。

 4時から5時すぎまで再びブースで集中し、5時半すぎからドームホテルの一室で、カティサークのインタビュー。これは次号(!)の『Whisky World』の編集長インタビューで、ブランドアンバサダーのジェレミーさんや、マスターブレンダーのクリスティーン・キャンベルさんにカティの新しいマーケティング、新商品の「カティサーク・プロヒビション」について、1時間近く話を聞いた。

 今回、カティは“カティカーゴ”という大がかりな仕掛けを導入し、プロヒビションの世界観を展開していたが、その仕掛け、アイデアに驚いた。要するに、禁酒法時代のニューヨークの“スピークイージー”(もぐり酒場)をイメージしたもので、プロヒビションとはもちろん禁酒法のこと。それにしてもジェレミーとは、これで4度目くらいの仕事で、かつてデュワーズやカティサーク、そしてハイランドパーク、グレンロセスなどのセミナーを、日本全国で展開したことがある。前回は私がデュワーズとアバフェルディで、ジェレミーが、確かカティを担当していた。もう2年半前のことになるが…。

 初日はカティのインタビュー後、恵比寿にもどり、2日目の今日は10時に会場入りし、11時前にまずインドのアムルットのアショクさんにインタビュー。これは次号の『ウイスキー通信』の編集長インタビューだ。これも、実に興味深い話を聞くことができた。

 その後、再びウイスキー検定のプロモートをし、3時半からこんどはレミーコアントロー・ジャパンに頼まれたハイランドパークセミナー。ヴァルハラコレクションのソー、ロキ、フレイヤの話をし、参加者にはフレイヤを飲んでもらった。ヴァルハラの第4弾となるオーディンは、まだ発売になっていないと、これはジェレミーに聞いた。どれもこれもエドリントングループで、ハイランドパークのこともジェレミーが知っているのだ。

140921_1.jpg

140921_2.jpg

140921_3.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter