1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「長和の準備とスーパームーン…」
 ウイスキーエキスパートの集中対策講座が終了したと思ったら、こんどは「ウイスキー検定」の対策講座の準備等に追われる日々。さらに週末に行われる長和フェスの準備、その荷物送りにてんやわんやである。

 今週の月曜日は週刊プレイボーイの取材を受け、さらに今日は『世界の名酒事典』の巻頭特集のインタビュー。相変わらず『マッサン』がらみの取材やインタビューが相次いでいる。それらの校正も毎日のように入ってきて、落ち着いて『Whisky World』の原稿を書くヒマがない。もう来週が校了だというのに…。

 それにしても、いったいどれだけの雑誌、ムック、電子版、新聞、ラジオの取材を受けたのか、まったく思いだせず。4月2日以降一日も休みが取れないわけである。私の単行本も、『竹鶴政孝とウイスキー』以外の2冊が相次いで今週書店に並んだ。光文社文庫の『新版・シングルモルトを愉しむ』と『ウイスキー検定 公式テキスト』である。嬉しいことに2週間前に出した『竹鶴政孝とウイスキー』は、すでに3刷に入ったということで、その2刷版が手元に届いた。

 私の本も含めてだが、とにかく『マッサン』関係の本の出版が目白押しである。現時点で出ている本を集めて、ワールドで特集ページを組むことにした。NHKの朝の連ドラはこのところ大人気だが、放送前にこれほど話題となり、関連本が次から次へと出版されるのは、前代未聞のことではないか。とにかく、今年はウイスキー、ウイスキーである。

 ということで、ひたすら校正と執筆、長和フェスの準備に明け暮れた一週間となった。夏が過ぎて秋の気配が漂い始めているが、まったく日にちの感覚がない。スーパームーンということで、久しぶりに仲秋の名月を見たかったが、あいにくの雨。いや、そんな時間もないというのが正直なところか。

 たしか、「名月をとってくれろと泣く子かな」という俳句があったように思うが、「満月を せめて見たいと 泣く吾かな」という心境である。そういえば、芭蕉の『奥の細道』に、「月清く 遊行のもてる 砂の上」という句があったような…。

140912o1.jpg

140912n2.jpg








スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter