1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「NHKラジオのインタビュー」
 どうにか気管支炎も良くなり、あとは眼とアキレス腱痛だけだ。眼はこのところ、あまりに酷使しすぎたせいか、急激に視力が落ちている気がする。それとも、老化か…。

 土・日で校正した『ウイスキー検定 公式テキスト』のゲラを18日の月曜日に小学館のT氏に渡し、4時から汐留の電通本社で、会合。現在のウイスキーのトレンドについて、2時間ほど話をさせてもらう。

 昨日の火曜日は、検定テキストの各年表、用語解説の校正、午後イチでスコ文研に行き、第8章のカクテル、飲み方のところをライターのN君と打ち合わせ。第8章8ページ分をこれから作らなければならない。そのためのカクテルを選び、急遽、神楽坂の「フィンガル」で撮影をさせてもらうことに。その旨、オーナーバーテンダーで、スコ文研代表世話人であるYさんに連絡。

 その後、電話でこんどは大阪ゆめディアのスタッフと次号『Whisky World』のラインナップ、取材の打ち合わせ。やはり、竹鶴や日本のウイスキーの特集なので、大阪、広島竹原市に行かなければならない。『ウイスキー通信』は無事入稿、校了したばかりだというのに、もうワールドの取材・原稿が待っている。

 今日も午前中は、検定テキストの各章のトビラの原稿を書き、午後スコ文研。NHK『マッサン』の公式ガイドブックの校正をして、4時からやはりNHK第1ラジオのインタビュー。放送日は『マッサン』がスタートして1週目の10月初旬ということだったが、とにかく1時間ほど、スコッチウイスキー、日本のウイスキー、竹鶴政孝の留学の経緯、ウイスキー考証としての私の立場などについて話をする。もっとも、使うのは10分程度ということだったが、これはこれで楽しみである。

 ネットを見ても続々と竹鶴関連本の出版が相次いでいる。それはそれで喜ばしいことなのだが、どこまで正確に考証ができているのだろうという気もするのだが…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter