1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「屋形船でバーボンを満喫!」
 バーボンフェスが終わって休む間もなく、東京書籍の竹鶴本、検定テキスト、そしてギリギリにせまった『Whisky World』の入稿作業。月・火はそのことに集中し、今日はバーボンウイークの目玉の1つ、“屋形船で楽しむバーボン”のイベント。

 5時すぎに事務所を出て、地下鉄を乗り継ぎ晴海の月島桟橋へ。6時半に集合ということだったが、早い人はもう来ている。屋形船の会社ごとの桟橋かと思ったら、そうではなく多くの会社の屋形船が集結している。これも東京オリンピック招致のために、東京都が整備した港湾まわり、運河の整備の賜物だろうか。昔では考えられないくらいに水もキレイになり、水路沿いの遊歩道も整備されている。

 今回の参加者はスタッフも入れて60名。7時5分前には全員集合し、濱田屋の焼肉屋形船、『大御所』に乗船。大御所とは、屋形船の老舗だからこう言われているのかと思ったが、そうではなく本格焼肉が楽しめる新造船の名前であった。それにしても、大御所というのは…。

 コースはいくつか選べたが、最もポピュラーだという隅田川・お台場コースとした。一度東京湾に出て、それから隅田川を遡り、その後レインボーブリッジ、お台場海浜公園というコースである。しかし、窓の外の景色を楽しむ暇もなく、ひたすら焼肉を食べて、そしてビールやバーボンをガンガンに飲む!

 2時間半のコースだったが、よくぞこんなに飲んだものだと感心するほどバーボンが空いた。用意したバーボンは2人に1本の割の30本近く。そのうちの20本近くを60人で飲んでしまったのではないかと思う。

 暑い夜に焼肉を食べながら飲むバーボンは格別である。それも、やはり野外がよく似合う。途中、フジテレビが正面に見える湾で停泊したが、屋上でかき氷のサービスがあった。火照った体と汗に夜風が気持ちよく、バーボンがしみてゆく。多くの屋形船も同湾に停泊していたが、モーターボートでアイスクリームを売りにくるのには驚いた。まるでアジアの水上マーケットである。まあ、気候はアジアの熱帯そのものだが。

 予定通り9時半に出発点の月島桟橋にもどり、その後電車で帰宅。バーボンフェスもバーボンウイークのイベントも、とにかく無事おえることができた。あとはひたすら…。

140716_1.jpg

140716_2.jpg

140716_3.jpg

140716_4.jpg

140716_5.jpg






スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter