1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「究極のブレンデッドマラソンがスタート」
 清里や秩父から帰って休む間もなく、連日東京書籍の竹鶴本、ウイスキー検定のテキスト本、そして光文社文庫の校正、画像さがし等がつづいている。その合間にワールドの原稿、そして佐渡高校の原稿だ。佐渡高校の原稿はとうに〆切が過ぎていたため、月曜の午前中になんとか14枚を書き上げ、送信してしまう。フェスの準備、その荷物発送のためにスコ文研のオフィスは足の踏み場もないほどだ。

 今日も午前中は竹鶴本の校正、テキストの校正をやって、午後スコ文研。バーボンフェスで販売するオリジナルのミニボトルのラベルができたので、それを貼ってボトル撮影。

 今回のオリジナルはすべてバーボンで、しかも200ml。私がブレンドした4種類のバーボンで、味のイメージがキャッチコピーとなっている。とりあえず、分かりにくいのでB1からB2、B3、B4とコード番号を入れた。できればB29まで行きたいと思っている。それとは別に、大阪フェスで好評だった(?)、検定ブラインドボトル2種も詰めている。中身はもちろん単体銘柄で、今回はどちらもバーボンだ。まあ、ウイスキー検定でブラインドテストをやるわけではないのだが(ひょっとして1級くらいでは…)。

 そんな撮影やら、準備におわれまくっていたが、7時からスクールの新しい企画、「ブレンデッドマラソン」の第1回目がスタート。3月に企画した時は、まだまだ先だと思っていたのに、アッという間だった。これは「究極のモルトマラソン」のブレンデッド版で、私の『ブレンデッドウィスキー大全』に出ているボトルを、すべて飲んでしまおうというもの。マラソンというように、またまた長丁場の企画だ。

 第1回目のアイテムは、①エンシャントクラン、②アンティクァリー、③ベイリー・ニコル・ジャーヴィー(BNJ)、④ベル、⑤ビッグピート、⑥ブラックボトルの6種類。コストパフォーマンスは①のエンシャントクランかもしれないが、美味しいのはやはりBNJか。原酒として使われているグレンモーレンジのDNAが効いている気がする。ベルはやはり、往年の名スコッチ。他に比べると、ややクラシカルな気がするが、悪くはない。いずれにしろ、こんな機会でもないと、これだけのブレンデッドを飲むことはないだろう。

 ということで、第1回目は9時すぎに終了し、その後、代表世話人のSさん、元スタッフのTさんら4人で久しぶりに恵比寿駅前のソバ屋に行き、ソバを堪能。やはり、飲んだあとのソバは旨い! この半年間、あまりに忙しすぎて、すっかりソバの味も忘れていた…。

140709.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter