2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「モルトマラソンと通信の発送」
 今週はあまりに忙しく、このブログも書くことができなかった。連日ウイスキー検定の公式テキスト本の執筆、校正。そして2週間後に迫ったバーボンフェスの準備、そのミーティングなどにおわれた。

 24日の火曜日は16回目となる“究極のモルトマラソン”。昨年の1月に始まったモルトマラソンも、いよいよスコッチのスタンダード編の最終回となる。スコッチの閉鎖された蒸留所、ジャパニーズ、アイリッシュ、その他のシングルモルトは、今年の秋から来年にかけてだ。

 ということで、①トバモリー、②レダイグ、③トマーティン、④トミントール、⑤トーモア、⑥タリバーディンの6種をテイスティング。テーマもつきてしまったので、最初にマル島とアイオナ修道院、聖コロンバ、ケルズの書などについて触れ、その後順番に飲んでいく。

 ①のトバモリー、②のレダイグ(現地の人の発音はレイチェックだが…)は、46.3%というこだわりのボトリング度数。以前に比べてそのコンセプトがしっかりしていて、はるかに美味しい。特にヘビリーピートのレダイグは悪くないかもしれない。

 ③のトマーティンは15年物。④のトミントールは、こちらもピーティバージョン。トミントールにはフェノール値88ppmという、ウルトラヘビーピートがあるが、これはそれとノンピートのミックスか。穏やかなピート香が心地よい。⑤のトーモアはGMのコニサーズチョイスだったが、やはり秀逸。今回の中ではダントツの旨さ、バランスの良さだ。⑥タリバーディンもオフィシャルだが(今回は珍しくトーモア以外すべてOB)、やや中途半端な感じが否めない。これといった特徴に乏しい気がする。どこか、ローランドの3回蒸留のようなニュアンスがある。

 ということで、タリバーディンで最後になるのも口惜しいので、口直し(?)という気持ちもこめて、ベンリアックの1976、キンコーズの3rdを出すことにした。速攻で売り切れた、幻のベンリアックで、やはり今飲んでも、うっとりするような旨さがある。なかなか、今後はこういうボトルは出てこないだろう。出てきたとしても、値段がバカ高くて、手が出ない可能性が大である。

 区切りの会ということもあり、予定をオーバーして9時20分頃に終了。そのまま恵比寿の仕事場にもどる。

 25日の水曜は『ウイスキー通信』の発送作業をして、4時すぎからバーボンフェスの全体ミーティング。人員配置など、これから決めなければならないことも山積みだ。その中で、無事通信の発送もできてホッとする。

 26日(木)は、そのバーボンフェスの招待券送り、光文社文庫と『Whisky World』の画像選び、そして7時から再び究極のモルトマラソン。今日も一日中、検定テキストの執筆、校正、そしてフェス招待券の発送作業におわれた…。もうじき6月も終わりである。

140627_1.jpg

140627_2.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter