1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「沖縄で久しぶりのセミナー」
 羽田発8時55分の飛行機で沖縄へ。PBOの沖縄支部のセミナーのためで、那覇には11時半すぎに着いて、支部長のSさん、Nさんの出迎えを受ける。沖縄に来るのは、3年ぶりかもしれない。前回もPBOのセミナーで、その時はサントリーさんの協賛だった。今回は「竹鶴ノート」がテーマなので、アサヒさんが協賛してくれている。

 セミナーの時間まで、少し間があったので、さっそく空港ビルの中のレストランで、ソーキソバのセット。沖縄ソバは私の大好物の1つで、恵比寿・広尾にいてもよく沖縄料理店に行っていたが、仕事場の近くの馴染みの料理屋が閉店してしまって、久しく食べていなかった。

 その後タクシーで会場となる沖縄船員会館に移動し、さっそく準備。2時に受け付け開始で、予定通り2時半からセミナーがスタート。“沖縄時間”とおそれていたが、開始時には50名近くが集まっていて、逆にビックリ。

 大阪フェスの前日に行ったセミナーと同じように「竹鶴ノート」の成立の経緯、スコットランド留学の足跡、ノートの意義など1時間半ほど語り、その後テイスティング。今回はシングルモルトの宮城峡12年、余市12年、そしてピュアモルトの竹鶴ノンエイジ、そして最後は出たばかりのカフェモルトの4種類。

 宮城峡・余市はそれぞれに個性がはっきり分かれていて、面白い。それをヴァッティングしたピュアモルトは、やはりブレンディングの妙が光る。宮城峡、余市の個性を宿しながらも、さらに高みに到達しているのだ。改めて、そのことに感心した。

 カフェモルトは非常にクリーミーでソフト、そしてスィートさが際立っている。モルト(麦芽)は穀物の中でも、最もフルーティーさを醸しだすというが、カフェグレーンにはない瑞々しいフルーツ香があって、秀逸なウイスキーだ。どことなく、アイリッシュのピュアポットスチルに通じるところがある…。

 セミナーは5時前に終了したので、一度ホテルにチェックインし、その後7時からアサヒさん、オリオンビールさんを交えて8人ほどで琉球料理の「カラカラ」で、打上げ。正式には古酒バー&琉球ダイニングで、料理も旨いが、泡盛の古酒もウマイ。久しぶりに島ラッキョウ、グルクンの唐揚げ、ゴーヤチャンプルー、そして〆めの沖縄ソバまで堪能した。

 その後、すぐ近くのバー坂梨に移動し、マイウイスキーの宮城峡、余市を堪能。最後の〆めにアードベッグの10年を飲んで、ホテルに帰ることにした。沖縄はまだ梅雨が明けていなく、天候がめまぐるしく変化している。途中、なんどか激しい雨に降られたが、それにしてもやはり南国である。一日動いたら、汗でビッショリだ。シャワーを浴びて、寝たのは1時すぎになっていた。

R0000261.jpg

R0000264.jpg

R0000263.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter