2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大崎のテイスティングセミナー」
 例によって時差ボケ。今回のはヒドイ。というより年々時差ボケの修復に時間がかかる気がする。早朝の数時間、それでも集中して光文社文庫の校正、竹鶴セミナー、大崎セミナーの準備。午後スコ文研に行き、通信のコラム等で使用するボトルの撮影。NHK『マッサン』の公式ガイドブックの電話インタビュー。来週には公式ホームページの取材も入っている。その後4時から大阪フェスのミーティング。

 まだまだ先だと思っていた大阪フェスだが、もう10日を切っている。今回も、その前日の土曜日に北浜フォーラムで、前日セミナー。『マッサン』の放送のこともあり、テーマは『竹鶴ノートを読み解く』。考えてみれば、このテーマでセミナーをやるのは、もう10数回を数えるかもしれない。最初はたしか、2005年のスコ文研余市ツアーの時だったように思う。

 余市の蒸留所内で、参加者80名ほどにノートの解説をした記憶がある。あれから、10年近くやっていることになるのだ。いずれにしろ、今回、10年ぶりにレプリカノートが作られるということで、その記念のセミナーでもある。当初予定していた50名をはるかに超えて、120名近い参加申し込みがあるのは、ありがたい話だ。

 その準備も含めて、大阪フェス全体の荷物類のカクニンを行う。フェス当日の「アイリッシュ最前線」のセミナーのボトル手配も、ほぼ完了した。今回はブッシュミルズ16年、レッドブレスト12年、ジェムソンの新商品の3種をテイスティングしながら、アイリッシュの最前線について語るつもりだ。ジャパニーズの次はアイリッシュである。

 ミーティングは時間が押していたが、大崎セミナーがあるため、5時半すぎにスコ文研を出て、地下鉄と山手線で大崎に向かう。先月にやった“ジャパニーズウイスキー・セミナー”の第2弾で、希望者が多数だったため、急遽2回に分けたものだ。

 今回のアイテムは①竹鶴ピュアモルト12年、②ニッカ・カフェグレーン、③響17年、④白州18年、⑤山崎(NA)、⑥シングルカスク余市1988の6種類。最初30分ほど話をし、その後つづけて3種をテイスティング。食事を楽しんだ後、再び後半の3種をテイスティングし、予定通り9時に終了。そのまま電車で恵比寿にもどり、薬局に寄って仕事場に帰ったのは10時ちょい前。連日のテイスティングで、体はバテバテだ…。

140529_1.jpg

140529_5.jpg

140529_3.jpg

140529_4.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter