1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「恒例の通信テイスティング」
 この年になると、時差ボケは旅行期間と同じだけ続くということが、よく分かる。今回のツアー、取材の期間は12日。もどってきたのが先週の日曜で、今日が11日目…。あと1~2日、続く計算になるのだ。

 ということで朝4時に眼がさめ、そのまま光文社文庫の校正、竹鶴本の校正、執筆。昼すぎにモーロウとした体にムチ打ちスコ文研。『ウイスキー通信』の校正をして、2時からその通信のための恒例のテイスティング。

 今回もアイテムは6種類で、①ジェムソン・セレクトリザーブ、②グレングラント・ローゼスエディション、③スキャパ20年蒸留所限定、④ハイランドパーク・フレイヤ、⑤イチローズモルト・ジョーカー、⑥メーカーズマーク46の6本。②③は今回のツアーで買ってきたものだ。

 ①のジェムソンは新商品で、シングルポット(ピュアポット)に、スモールバッチのグレーンをブレンドしているということだが、やや熟成が若い気がする。②は10年物のカスクストレングスで、蒸留所限定のシングルカスク。こちらは、ややアルコールの刺激が強すぎる…。③はシーバス系の蒸留所で売っているもので、ストラスアイラで購入。案内してくれたグローバルアンバサダーのイアン・ローガンさんイチ推しだったが、蒸留所で飲んだ時のようなインパクトはない。現地で飲んだら美味しいという、蒸留所マジックの1つか…。

 ④はヴァルハラコレクションの第4弾で、ハイランドパークとしては珍しく、アメリカンホワイトオークのバーボン樽からのボトリング。評判は上々だったが、昨年出たロキのトリッキーな美味しさと比べると、やや物足りないか。かつて私がボトリングしたOBの1991バーボンカスクほどの濃密な甘さはない気がする。

 ⑤は言わずと知れたカードシリーズのファイナル。よくぞトランプの52枚を出したものだと思う。これはその53枚目のジョーカー。羽生のマルチビンテージで、いわば羽生という失われた蒸留所の遺産を飲んでいるようなものかもしれない。

 ⑥はフレンチオークの側板10枚をつけ込んだインナーステイブのメーカーズで、より濃密なメーカーズを愉しむことができる。これはテイスティンググラスではなく、やはりロックかもしれない。ちなみにインナーステイブはスコッチでは禁止されている。

 テイスティングは3時間ほどで無事終了し、その後6時からデザイナーのIさんを交えて、いつものように次号の『ウイスキー通信』のミーティング。時差ボケによる寝不足(ほとんどこの10日間3~4時間しか寝ていない)と、ウイスキーを飲んだせいで、眠さのピーク。だんだん意識がモーロウとしてくるので、早めにミーティングを切り上げ、8時すぎに恵比寿にもどる…。

140528.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter