FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワールド最新号とモルトマラソン15回目」
 昨日は久しぶりに半日オフ。午後はスコ文研に行かず光文社の文庫の校正作業。時差ボケが治らず、半日ズレた生活がつづいている…。

 今日も午前中は校正と、日曜日に行われたプロフェッショナル試験の官能テストの解答づくり。今週半ばから、採点作業が始まるからだ。その後、午後イチでスコ文研。先週水曜に下版したばかりの『Whisky World』6月号が、すでに届いている。下版から納入まで中4日と、超スピード印刷だ。

 今回の表紙はバーボン特集ということもあって、ウッドフォードリザーブのボトルをフィーチャー。そういえばウッドフォードを所有するアメリカのブラウンフォーマン社が、スコッチのホワイトマッカイ社を買収するのではという動きがあったが、我々がスコットランドにいる間に、フィリピンの会社が買収に成功とのニュースが流れた。

 それもあり、エジンバラ滞在中に急遽連絡を取って、グラスゴーのホワイトマッカイ社に、リチャード・パターソン氏を訪ねた。わずか1時間ほどの時間だったが、いろいろと面白い話を聞くことができた。

 ま、それはともかく、ウイスキーの世界は激しく動いている。パターソン氏はホワイトマッカイ一筋で、すでに50年以上働いているが、その間に11度オーナーがかわり、16人のボスを持ったという。いつか、じっくりとインタビューしてみたいものだ。

 ワールドをしばしチェックし、4時からの『酒販ニュース』のN氏の取材を受ける。『竹鶴ノート』の歴史的意義について、そのポイントなどを1時間ほど話をする。6月8日の大阪フェスの前日(6月7日)に、竹鶴ノートについて特別セミナーを行うが、そちらのほうの定員がすでに一杯になり、急遽参加人数を増やすことにした。

 その後、7時から行われる「究極のモルトマラソン」の準備をし、時間通り、第15回目のモルトマラソンをスタート。今回はラス前ということで、①ストラスアイラ、②ストラスミル、③タリスカー、④タムドゥー、⑤タムナヴーリン、⑥ティーニニックの6種類をテイスティング。とりあえず、あと1回でスタンダードのスコッチは終わる…。

 ここまでくると毎回やっていたテーマもなく、仕方なく(?)ツアーの後に訪れたスコットランド最新の蒸留所、ストラスアーンについて50分ほど話をする。クラフトディスティラリーブームはアメリカやアイルランドだけかと思っていたが、そうでないことを初めて知ったのが、このストラスアーンだった。今もっともホットで面白いのが、この蒸留所なのかもしれない。

 ということで、その後6種のテイスティングを順番に行い、9時すぎに火曜コースは終了。時差ボケの中でのマラソンはツライ…。

140527_1.jpg

140527_3.jpg



スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter