2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ウイスキープロフェッショナル試験当日…」
 光文社文庫の校正、『ウイスキー通信』の原稿(新・蒸留所探訪記)、『アナログ』のエッセイ原稿の執筆等で、昨日は恵比寿の仕事場を一歩も出れず。ただ、ひたすらに校正、原稿用紙に向かう。

 今日も午前中は光文社の校正をして、11時すぎにスコ文研。プロフェッショナル試験の問題、テイスティングボトル、グラス等をすべて車に積み込んで、12時に会場となる東京駅近くの八重洲ホールへ。予定通り1時半から、平成26年度のウイスキープロフェッショナル試験の開始。

 プロフェッショナル試験も今回が8回目で、毎年5月の恒例となっているが、それでもやはり準備は緊張する。大阪会場のYさんとケータイで連絡しながら、すべて、とどこおりなくスタート。

 3時半からの官能試験では、これも毎年の恒例だが、受験生と同条件で私も4種のブラインドを行う。もっとも、こちらは銘柄は分かっているが、同条件でテイスティングしてみて、アロマ・フレーバーをもう一度チェックする。その日の気候や、会場の空調などで、感じ方が微妙に変化するので、万全と公正を期して、毎年やっているのだ。

 そのブラインドも4時半に無事終了し、すべてを撤収して、再び車に積み込み、スコ文研へ。すべて終了して、鎌倉に帰りついたのは7時半を回っていた。実にひさしぶりの鎌倉である…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter