2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ブレンデッド大全が書店に並ぶ…」
 『ブレンデッドウィスキー大全』と『Whisky World』が終了し、さらにボトラーズフェスの準備も完了してしまうと、急にやることが少なくなった気がする。やはり、この1年、頭のどこかにいつも大全のことがあり、去年秋以降は、そのことで日々精神的にも肉体的にも、追いこまれていたのかもしれない。

 2009年秋に『シングルモルトウィスキー大全』を出した時は、校了の直後に思ってもみなかった帯状疱疹を患ってしまった。校了の解放感に浸るはずが、病気との闘いを余儀なくされてしまった。今回の『ブレンデッドウィスキー大全』は、白内障との闘い…。大全の校了までは手術ができないと、1~2ヵ月遅らせたのだ…。

 それらが終わって、ちょっとホッとしている。もっとも手術は左眼が終わっただけで、フェスがあるために、右眼の手術を1週間遅らせている。しかし、この2週間余り、左右の眼のあまりの違いに脳がついていけないのか、バランスが悪くなり、ほとんど片眼で物を見ているという状態が続いている。見えている世界が、まるで新世界と旧世界のように違うのだ。そんな状態でフェスが迎えられるのかという不安が、この1週間ほど続いているが、ここまできたら、もうやるしかない。

 と思っている矢先にスタッフのNさんから電話があり、当日入場者に配布するパンフレットのバーテンダーの紹介にミスがあることが判明…。あってはいけないミスで、すぐに善後策を協議し、その旨を伝えて、とにかく今できることに最善をつくしてもらうことにした。

 午前中、それらの対応にあたふたとし、午後原稿を書き終えたところで、恵比寿駅の書店に行き、私の本が並んでいるかをチェック。これはいつもの儀式だが、何度やっても、何冊出版しても、自分の本が書店に並んでいるのを見るのは嬉しいものだ。もちろん、出たばかりということもあるのだろうが、平積みになっていて、思わず1冊手に取ってしまう。その横には私が監修した『ゼロから始めるウイスキー入門』も並んでいる。

 原稿は、盛岡の「スコッチハウス」のSさん夫妻に頼まれていた、巻頭の言葉である。2人の共著『スコッチ・オデッセイ』のもので、今回が第3版になるという。人気の書物で、スコ文研のサイトやイベントでもよく売れている。

 そんなこんなで、夕方すぎにパンフレットの件の報告を受け、明日にそなえて夜は早めに就寝…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter