1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「通信のテイスティングとワールドの最新号」
 昼にスコ文研に行き、1時半から『ウイスキー通信』の恒例テイスティング。今回もテイスターは私を入れて7名。テイスティングアイテムは、①新生ダグラスレイン社の新シリーズ、シングルマインデッド(一途な想い)のタムドゥー10年、②リキッドサンのウエストポート1995、③グレンモーレンジィ・コンパンタ、④ブルーハンガー9th、⑤TWCのアイリッシュ・シングルモルト21年、⑥ワイルドターキー・フォーギブン(許し)の6種類。

 ①はスモールバッチ製品で、41.5%というこだわり(?)の度数でボトリング。値段も4,000円台とリーズナブルだ。②のウエストポートはグレンモーレンジィに、ごく少量のグレンマレイを加えた(スプーン1杯ともいわれる)、いわゆる通のブレンデッドモルト。詳述は省くが、ブレンダーの間でウエストポートはグレンモーレンジィの隠語で、同様のものにバルヴェニーのバーンサイドというのがある。数年前に“ラストドロップ”というシリーズで、若いウエストポートが出たことがある。

 ③は、オフィシャルのモーレンジィで、プライベートエディションの第5弾。コンパンタとは『友情』という意味で、追加熟成にクロドタールの赤ワイン樽に、ローヌの酒精強化ワインの樽を使っている。④のブルーハンガーはブレンデッドモルトで、今回はブナハーブンとクライヌリッシュ、グレンエルギン、リンクウッドの4蒸留所。特にブナハーブンのヘビリーピーテッド、“モンニャ”が効いている。

 ⑤はティーリング社のボトリングで、信濃屋とキャンベルタウンロッホ、メインモルトのコラボ商品。アイリッシュ・シングルモルトの21年で、しかもクーリーを創業したジョン・ティーリング氏の息子のジャック・ティーリング氏が設立した会社だから、中身はクーリーのモルト(クーリーの生産開始は1989年だから、十分可能性はある)かと思ったが、これはもう1つのアイリッシュ・シングルモルト、ブッシュミルズの21年だという。

 『Whisky World』でも採り上げ、テイスティングしているが、非常にオイリーでフルーティ、後口にトロピカルフルーツやパッションフルーツを感じる、秀逸なウイスキーだ。一瞬ピュアポット、シングルポットスチルを感じたが、ブッシュミルズは3回蒸留のモルトウイスキーだ。それにしても、これはスゴイと思ってしまう。テイスターの採点でも、最高点に近い得点となった…。

 ⑥のフォーギブンはターキーの6年物のバーボンに、同じく4年物のライウイスキーを間違って加えてしまったもの。昨年7月にジミー・ラッセル氏が来日した時に一度テイスティングしていたが、ようやく一般にも出回るようになった。ユニークなアメリカンウイスキーだ。ただ、これもやはりスコッチやアイリッシュの美味しいものを飲んだあとではキツイ…。

 ということで最後に、私の還暦のパーティーの時にサントリーの元山崎工場長Sさんと、チーフブレンダーのKさんからいただいた、オリジナルのグレーンウイスキーを、皆でテイスティング。これは濃厚な甘さがあり、非常に秀逸なグレーンウイスキーで、〆めの一杯にふさわしいウイスキーとなった。

 テイスティングは4時半すぎに終了し、その後、フェスのミーティング。ショコラのHさんがテイスターとして来てくれていたので、セミナーの進行の打ち合わせ。すでにマリアージュも決定済みということで、そのテイスティングの順番なども決めてもらう。白州18年には、今回特別に神戸の「パティシエ エス コヤマ」の小山さんのショコラを合わせるというから、それだけでも楽しみだ。

 小山さんは『Whisky World』の2014年2月号で特集している。そのワールドの最新号、2014年4月号(3月31日発売)が、今日印刷所から届いた。先週木曜日に下版したばかり、しかも間に3連休をはさんでいるというのに、この速さである。手にとって、じっくりと眺めると、また感慨もひとしおだ。

 さらに、大阪NHKから、『マッサン』の台本、第4週目が届く。これも、さっそく目を通さなければならない…。

140325_1.jpg

140325_2.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter