1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワールドの下版と術後検診」
 昨日でほぼすべて入稿してしまう予定でいたが間に合わず、今日は午前中からスコ文研。大阪から送られてくる『Whisky World』のすべてのPDFデータをプリントアウトし、最終確認、校正を行う。

 昨日はPDFを待っている間に、夕方5時すぎからボトラーズフェスのミーティング。もう一週間ちょいに迫ったとは、にわかには信じられないくらいだ。現時点で前売りも500枚を超え、当日は大盛況になりそうだ。そのフェスの物販、スケジュール、オリジナルボトル、有料・無料試飲、そして今回からPRに努める「ウイスキー検定」のブース等についてもミーティングを行う。

 いつも思うことだが、圧倒的に人員が足りていない。それと今回は私の大全、眼の手術等が重なり、いつにも増して時間がなかった。とにかく、あとは当日の入場者に配られるパンフレットの入稿を残すのみ。これも入場者に配られるボトラーズフェスのロゴが入ったエコバッグが大量に届いたが、今回のはいままで以上に可愛らしく仕上がっている。人気を呼ぶかもしれない。

 結局、1時近くまでかかってワールドの下版を見届け、電車で大船の眼科に向かう。左目の術後10日目検診と、4月1日に手術を行う右目の術前診察、薬の処方である。今も左目に1日4回、3種類の点眼薬を差しているが、3月29日からは右目も加わり、1日4回5種類の点眼薬を差すことになる。白内障の手術は高齢者が多いというが、これだけの点眼薬を間違えずに差すことができるのかしらんと、不思議に思ってしまう。しかも、それぞれ5分以上の間隔をあけなければならないのだ。原稿や校正の合間にやろうとすると、すぐに忘れてしまう…。

 眼科の検診がすべて終了したのは5時近くで、それから大船駅のルミネに寄り、鎌倉の自宅にもどる。ここしばらくの暖かい春の陽気から一変、朝から冷たい雨が激しく降り、せっかくの鎌倉の早春の風景も台なしである。八幡宮につづく段かずらの桜はまだ固いつぼみだが、家々の庭には梅が咲いている。春はもうそこまで来ているのだが…。

140320_1.jpg

140320_2_1_convert_20140324194101.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter