FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「フェスオリジナルボトルのラベル作成…」
 午前中、ワールドの校正とNHKの質問事項への解答を準備。このところ毎週のように、いろいろな質問事項がきていて、それに対する資料調べや、解答に多くの時間を割かれている。5月のクランクインを前に、今は台本のつくりこみ作業中で、すでに第3週目までの台本案が届いている。

 毎週月曜から土曜まで、連続6回。それを半年間、計25週にわたって作りつづけるのだから、我々からはうかがい知れないような、大変な作業の連続なのだろう。我々活字メディアの人間からは、想像もつかない世界だ。フェスやワールド、検定、大全の作業の合い間に、日々台本を読んで、そして質問に答えるという作業が続いている…。

 ワールドは最後の追い込み(ここ2日ほどが勝負)に入っているが、気がつけば3月も10日余り。次号の『ウイスキー通信』にもかからなければならないので、スコ文研に行く前に、台割案を作ってしまう。今回は、先日“マスター・オブ・ウイスキー”に合格した「ジョンオグローツ」のSさんの論文を掲載することにした。全文を一度に載せることは不可能なので、できれば2回に分けたいと思っている。

 それらの作業をして、午後スコ文研。春一番が吹いて、歩きづらい。午後はスコ文研でワールドの入稿作業、通信の台割のミーティング、そしてフェスの準備。

 今回のボトラーズフェスでも、もちろんオリジナルボトルを出すが、そのラベルの版画が届いていて、それをもとにスタッフのOさんがデザインを試作。今回はグレントファースの1996で、ラベルにはスペイ川のサーモンと、トファースらしき蒸留所を描いてもらった。リアルさというより、木版画の特性を活かしてファンタジー調に仕上げてもらった。ただ、我々釣り師から見ると、どうしてもサーモンというより、ニジマスかイワナに見えてしまうのだが。これは、釣りをしない人には分からないのだろうな…。

 ということで、あとは印刷屋に入稿し、ラベルが刷り上がったら、それを手作業でボトルに貼っていく。フェスでは、スコ文研オリジナルボトルを7~8種並べたいと思っている。もちろん、それ以外にいつものように有料試飲、無料試飲で100本以上のボトルが並ぶのだが。

140318.jpg
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter