1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「蒸留所ツアーのミーティング」
 『Whisky World』の最後の原稿と校正。今回のBOOKコーナーは、2冊とも私の本の紹介となってしまった。

 午後イチでスコ文研に行き、ワールドの最後の追い込み。今回は私の手術や、『ブレンデッドウィスキー大全』のこともあり、相当はやくに始動したつもりだったが、結果的にはいつもよりドタバタの入稿となってしまった。毎度のことだが、これで本当に間に合うのかと不安になる…。

 ワールド、ボトラーズフェスのこともだが、「ウイスキー検定」の件も着々と進行している。今日スコ文研に行ったら、検定の旗(!)ができていた。黄色に検定のロゴが映えて、なかなかの出来だ。今年はフェスをはじめとした、いろいろな機会にこの旗を立てたいと思っている。

 その検定のパンフレットも、入稿作業がつづいている。3月30日のフェスでは、大量にバラまきたいと思っているが、先週の話では、もうすでに50名近い申込者がいるという。試験日は12月7日(日)と、まだ相当先のことなのだが、本当にありがたいことである。とにかく目標は3級・2級合わせて今年は5000名である。

 フェス、検定、ワールドとは別に、5月の連休明けにスタートする、蒸留所ツアーのミーティングを3時から、近ツリのAさんらと行う。現在までに参加者は20名。ほぼ満席で、これからは蒸留所のアポ取りと、最後の詰めの作業。全行程、スケジュールの細かい点をチェックしていく。

 今回はエジンバラをスタートして、ディーンストン、エドラダワー、そしてスペイサイドを回っていくが(タイトルはスペイサイド編)、スコ文研がこの蒸留所ツアーを始めて今年で13年。その間20回近くやっているが(アメリカ、アイルランド含め)、年々蒸留所のアポ取りが難しくなっている。世界的なスコッチブーム、ウイスキーブームで、どこの蒸留所も予約で一杯なのだ。こんなことは少なくとも15~20年前では、考えられないことだった。

 ツアーのミーティング後、再びワールドの校正作業にもどり、5時半から『週刊東洋経済』の電話インタビュー。やはりサントリーのビーム社買収に関する件だ。30分という約束だったが、ついつい1時間ほど話をしてしまう。

 復帰したとたん、やはり眼が回りそうなハードスケジュールだ…。

DSC_0298_20140320122219ce3.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter