2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「名古屋・中日文化センターのセミナー」
 4時半起床。このところ目覚めの音楽は往復の飛行機の中で聴いてすっかり気に入ったアフリカ音楽のCD2枚。1枚はキング・サニー・アデの2枚組最新CDで、もう1枚はBassekou Kouyateの『I speak Fula』。サニー・アデは前から知っていて、たまに聴いていたが、後者は初めて。そもそも何て発音するのかよく分からない。とにかく聴いていると元気になる。

 6時からツアーとその後の取材でSさんが撮影した画像の整理。17の蒸留所とGM、ダンカンテイラー、ジョニーウォーカーなど約4500枚の写真をすべてチェックする作業は、いつものことながら大変時間がかかる…。だいたい眼によくない! その後、ヘンドリックスジンの本やドミニク・ロスクロウの本など、現地で調達した本に目を通す。さらに本日の名古屋セミナーのスライドを準備。

 3時過ぎの新幹線で名古屋へ。時差ぼけで猛烈に眠い。早朝から仕事をしているせいで、時間的にはたっぷり一日仕事をしている計算になる。品川駅の本屋で井上ひさしの『日本語教室』(新潮新書)を購入。読み始めるが1ページももたない。寝過ごさないよう、ケータイのアラームをセット。

 6時前に栄にある中日文化センターに着いて、さっそくセミナーの準備。月イチ、3回シリーズの2回目で、本日のテーマは「島のモルトを飲み比べる」。受講生はマックスの30名で、7時からスタート。最初にアイランズモルトについて概説し、その後スライド上映。もはや、超アナログである。スライドプロジェクターといっても若い人には分からないだろうし、毎回会場で映写機を用意するのに難儀する。さらにメーカーであるキャビンも、もうスライド映写機は作っていないという。

 テイスティングは①アランの1999~2010年アニバーサリーボトル、②スキャパ14年、③ハイランドパーク18年、④タリスカー18年、⑤ブルイックラディ・ピートの5種類。⑤のブルイックラディはアイランズではなくアイラだが、比較のためあえてテイスティングすることにした。

 9時すぎに終了して、新幹線で帰京。爆睡。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter