2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「FSさんの古稀を祝うパーティー」
 『ブレンデッドウィスキー大全』の再校も出始め、最後の追い込みに入っているが、そればかりをやっている訳にもいかず、『Whisky World』の巻頭特集、“スコッチ最前線”の原稿に取りかかる。まずはダルモアから。昼前にその原稿を書き終え、いつものように昼すぎにスコ文研。

 NHKの“マッサン”のプレス発表に合わせて、12月7日(日)に第1回試験を行う「ウイスキー検定」のプレスリリースも行いたいということで、そのリリース原稿もチェックする。すでにロゴも完成し、宣伝用ののぼりなども発注済みだ。今年はとにかく「ウイスキー検定」一色にしたいと思っている。

 4時半に仕事を切り上げ、田園都市線の青葉台駅へ。6時からスコ文研特別顧問でもあるFSさんの古稀を祝うパーティーに出席。ついでにということで、私を含め3名の“F組”のメンバー(?)の還暦祝いも兼ねることに。一人はFSさんの助手を長年務めた2代目アシスタントのOさんで、もう一人は元パルコ出版のNさん。70年代後半のパルコの宣伝で、『七彩夢幻』、『ゆめつづれ』はFSさんが撮った写真だが、その『ゆめつづれ』の担当編集者だったのがNさんだ。もう、お互いに30年以上の付き合いになる…。

 パーティーは、FSさんのオンステージで、何曲も歌が飛び出し、久々に盛り上がる。それにしても見事な歌唱力というか、プロ並みの歌に全員が聴きほれた。そんなFSさんとインドで出会って、来年で丸40年となる。忘れもしない、1975年の7月下旬、インド北部、カシミール州のスリナガールという街の、バザールへと続く並木道だった…。

 そんなことを思い出しながら、楽しいひとときを過ごし、10時すぎにパーティーはお開き。再び電車で恵比寿の仕事場にもどった。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter