1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『Whisky World』のテイスティング座談会」
 さすがに昨夜帰ったのが12時を過ぎていたので、午前中は飲み疲れと気疲れで、原稿執筆ができず。大全の校正とワールドの原稿の準備をして、12時半すぎにスコ文研。1時半から2階のウイスキースクールで、毎年恒例の『Whisky World』の“ワールド・ウイスキー・アワード”ならぬ、「ウイスキーワールド・アワード」座談会。

 ワールドで昨年1年間テイスティングした108本のボトルについてもう一度検証し、それぞれのカテゴリーでベストウイスキーを決めようというもの。合わせて、「ベスト話題賞」「ベストパーソナリティ」「ベストバー」「ベスト蒸留所」なども決めていく。

 ウイスキーのカテゴリーはスコッチのシングルモルト、これはオフィシャルとボトラーズの2部門。そしてスコッチのブレンデッド。さらにアイリッシュ、アメリカン、ジャパニーズ、ワールドと続く。ジャパニーズもシングルモルトとブレンデッドの2部門だ。それぞれのカテゴリーで上位に入ったボトルをもう一度テイスター5人で飲んでいく。誌面では5人のうち2人しか実際にはテイスティングしていないからだ。

 結局、この日改めてテイスティングしたアイテムは30~40種類!かかった時間は3時間ほどで、さすがにこれだけ飲むと、最後のほうは本音トークのオンパレード。もちろん誌面には反映できないトークばかりで、これをどこかに載せたら面白いと思うのだが。まあ、それは無理というもの…。

 最後に「ベスト話題賞」以下、4部門についても5人で話し合い決定する。毎年これは事前に、リストを作ってもらっているが、今年は意外とスンナリ決まったという感が強い。ただ「ベストパーソナリティ」のところで、ソチ五輪ではないが、“レジェンド”を作ってみたらという提案があり、急遽「ウイスキーレジェンド」、“伝説のウイスキー人”を新設することにした。

 長く業界を牽引し、ウイスキー産業のために、あるいはウイスキー普及のために尽力してくれた人に捧げたいと思っている。それぞれの賞も含めて、3月31日(月)発売の『Whisky World』を期待していただきたいと思っている。

 ということで、5時近くにようやく終了し、簡単な片付けをして、6時すぎに恵比寿の仕事場にもどることにした。気が付けば、今日からもう3月である。

DSC_0533.jpg

DSC_0537.jpg

DSC_0536.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter