2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「オーヘントッシャン、ボウモアセミナー」
 午前中、『ウイスキー通信』のテイスティング座談会の校正をし、1時すぎに銀座へ。1時半からサントリーのオーヘントッシャン、ボウモアセミナーに出席。

 新商品の発表に合わせて来日したゴードン・ダンダスさんが講師で、オーヘントッシャン4種類、ボウモア4種類、そして最後にボウモアの新商品も特別に振舞われ、合計9種類のテイスティングを行う。

 ゴードンさんはモリソンボウモア社のグローバル・ブランドアンバサダーで、アジア・太平洋地域担当として、3週間前に台湾の台北に赴任したばかり。日本に来るのは、初めてということだった。

 オーヘントッシャンの新商品はノンエイジの“アメリカンオーク”、ボウモアの新商品は“デビルズカスク”だ。やはり、このデビルズカスクが、なんといっても面白い。これはいわばテンペストのシェリー版で、ヨーロピアンオークのファーストフィルのシェリーバット樽で熟成させた、10年物のボウモアだ。2月25日から、日本では限定600本のみが販売される。

 セミナー後、ゴードンさんにインタビュー。これは次号の『ウイスキー通信』に、編集長インタビューとして載る予定だ。セミナー、インタビュー終了後、一度スコ文研にもどり、再び電車で6時半に池袋。久しぶりに大学時代の仲間4人と新年会兼、ひと足早い私の還暦祝い。

 この日集まったメンバーは1976年の「学習院大学探検部ラダック・ザンスカール遠征隊」の隊員たち。私を入れて5人全員が揃うのは、実に10年ぶりくらいだ。とりあえず、ここまで無事に生きてこられたことに、感謝するしかない。

 当時21~22歳だった若者も、今は全員還暦間近。大学入学時から知っているのだから、かれこれ40年の付き合いになる。当時、だれも今の自分の姿を想像はしていなかったと思う。それぞれ、1年近いチベットでの経験が、その後の人生に大きく影響している…。

 結局、9時すぎに解散して、再び電車で恵比寿にもどる。もう昔のように、明け方まで飲むということはできなくなった。というより、天気予報で言っている、大雪が心配でもあったのだ。


140207.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter