1
3
5
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワールドの下版にモルトマラソン…」
 相変わらずジェットコースターのような日々が続いている。先週から今週アタマにかけ、『Whisky World』の最後の入稿におわれていた。土・日ともワールド、そして大全の原稿、校正、テイスティング。月曜日にワールドのすべての原稿チェック、校正をして、ほぼ入稿作業を完了。100ページ近い雑誌をいちから校正するのは、本当にシンドイ作業だ。

 火曜は午後イチで「マスター・オブ・ウイスキー」のミーティングと、今年のスクールの講義スケジュールの確認。2年ぶりに行われるマスター・オブ・ウイスキーの今回の受験者は3人のみ。もちろん一次審査の論文をパスしての2次試験だ。

 その後7時から「究極のモルトマラソン」第13回目。今回はマクダフ、マノックモア、ミルトンダフ、モートラック、オーバン、プルトニーの6種類。中で一番人気はマノックモアとプルトニー。興味深いのは“肉系”“スペイサイドの野獣”といわれるモートラック。GMの蒸留所ラベル15年だったが、やはりミーティーなフレーバーがあって面白い。プルトニーは、同じ北ハイランドのクライヌリッシュと共通する、ある種のワクシーなフレーバーがあり、これも美味…。

 今回は1つ1つ、じっくりとテイスティングのノウハウと、実際のやり方をレクチャーし、予定通り9時に終了。水曜は『Whisky World』の最終下版を確認して、4時からボトラーズフェス、ウイスキー検定のミーティング。セミナーの詳細も決まり、あとはポスター、チラシなどを作るのみだ。

 ウイスキー検定は、今年12月7日(日)に第1回目をやることを決意。3級、2級、1級のうち、今年は3級、2級のみを行う。試験会場は東京・大阪・福岡・札幌の4都市を予定している。詳細は2月中に告知するつもりだ。そのテキスト作りにも、早々に着手しないといけない。その後6時から、デザイナーのKさんをまじえて『ウイスキー通信』のミーティング。いよいよ次回からオールカラーになる。

 木曜は大全の原稿、画像選び、テイスティング。過去10年間、10万点以上にも及ぶ画像の中から選ぶのは、本当に至難のワザである。プリントしたサムネイル画像を見てゆくのだが、プリント紙の劣化なのか、眼の視力の低下なのか、画像がよく分からない。ほとんど勘を頼りに画像を選んでいる始末だ…。それにしてもボーダイな時間がかかる。

 4時から長和のF君が来て、今年の長和フェスのミーティング。4回目を迎える今年のフェスはどうなるのか…。さらに7時から「究極のモルトマラソン」の木曜の部がスタート。

 金曜は再び大全の原稿・校正。昼すぎにスコ文研に行き、4時から小学館のT氏と、現時点での状況カクニン。本文原稿、画像、テイスティングノート、ボトル写真と、1アイテムにつき4つの構成要素があるが、それらを一度持ち寄り、どこまで完了しているのかをチェック。

 膨大な資料、膨大な画像データ、200本近いボトルと、そのテイスティングの進行状況など、アタマの中を絶えず整理していないと、何がなんだか、さっぱり分からなくなる。このところオフィスも恵比寿の仕事場も、それらの資料、ボトル、データ等で足の踏み場もないほどだ。

 本格的にテイスティングを始めたのは11月下旬からだったと思うが、2ヵ月近くかかってスコッチ100本近くを、やり終えた。あとはアイリッシュとジャパニーズである。大全のページネーションもほぼ確定し、残り4割近くの原稿、テイスティング等をやらなければならない。

 ということで、今日も朝から大全の原稿。ようやくスコッチが終わり、アイリッシュにとりかかる。例によって昼間、原稿を書き、夕方スコ文研でテイスティング。アイリッシュのジェムソンやタラモアデューなど7種をやるが、道はまだ遠しである。もどって夜はバーンズの誕生日なので、エディ・リーダーのCDを聴きながら、デュワーズのシグネチャーをストレートで。5分ともたず、10時すぎに早々に就寝…。

20140125.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter