1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「日経電子版にインタビュー記事が…」
 サントリーのビーム社買収を受けて、さっそく日経電子版のSさんから連絡があり、火曜の昼すぎにインタビュー。その後、連休で書きためた原稿の入力作業、その校正。さらに次号の『ウイスキー通信』の台割をつくって、4時からミーティング。いよいよ、次号(2014年2月25日発行)から全面カラーでやることを正式に決定。

 2001年3月の設立以来、『スコッチ通信』『ウイスキー通信』と出してきたが、全面カラー印刷にするのは、これが初めてだ。これも、今年のチャレンジの1つである。ミーティングでは今秋からスタートする『ウイスキー検定』(仮称)のことも話し合う。ほぼ私の肚は決まっていて、あとはスケジュールにそってやるだけだ。

 昨日は午前中『ブレンデッド大全』、『Whisky World』の原稿・校正をやり、午後スコ文研。ボトラーズフェスも迫っていて、ワールドの1ページ告知用に、セミナー3コマを決定。詳細はこれからの発表だが、ボトラーズフェスでは本会場とは別に、3コマのセミナーを行う。1つはショコラコンシェルジュ、スイーツプランナーとして活躍する平田早苗さんの、ショコラとウイスキーのマリアージュで、もう1つはワールド誌テイスターの山岡秀雄氏の秘蔵のモルトのテイスティングセミナー。そして残りの1つが、私の大全出版記念、還暦祝い(?)の“究極のテイスティング”。

 今から15年くらい前にスタートした、アラン・ジャパン(現ウィスク・イー)とのコラボ、「土屋守シングルカスクコレクション」の中から、5種類くらいを飲もうというもの。今となっては幻となったシリーズのボトルを、ついに飲む日が来たというわけだ。今回は手はじめに、シリーズNo.1として販売したグレンリベットから、No.12のアベラワーまで、5種類を選んでいる。どれも、先着35名の限定だ。ということで、それらを決め、夕方から再び大全のテイスティング。

 今日も午前中はワールド、大全の校正、執筆をして、午後からスコ文研。日経のインタビュー記事がさっそく電子版に載り、何人かの知り合いから電話がかかってくる。みんな見ていることに、驚いた。

 ワールドの入稿は、まさに待ったなしという状況だったが、大全のほうも待ったなしで、紙面に載せる各ブレンデッドの画像選びを開始する。本文テキスト、テイスティングノート、ボトル画像、そして本文画像が揃えば、デザイナーさんが、レイアウトにかかれるからだ。毎日、原稿執筆、校正、画像選び、テイスティング、校正…という日々が、これから2月一杯くらいまで続く。ある意味、秒読みに入ってきたということかもしれない…。

 もちろん、それらを一段落させて、夕方から大全のテイスティング。昨日はカティサークで、今日はジョニーウォーカーである。特にジョニーウォーカーはレッドからブラック、ブルーまで6種類を一気にやってしまう。以前にも書いたが、ブレンデッドのテイスティングをやっていると、毎日が驚きと発見の連続である。スクールでやっている「究極のモルトマラソン」と並行して、5月くらいからは、「究極のブレンデッドマラソン」(?)も、スタートしたいと思っている。乞う御期待だ。

140116.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter