1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「久しぶりのフライフィッシング」
 結局3連休も『ブレンデッドウィスキー大全』の校正・執筆作業に朝から晩までおわれてしまう。眼・肩・腰が限界で能率が上がらないので、急遽昨日は釣りに行くことを決め、早朝4時起き。6時まで原稿を書いて(エライ!)、その後、川崎市の王禅寺へ。フィッシュオン王禅寺だが、実に釣行は半年ぶり。

 そういえばフライの専門誌『フライフィッシャー』に、11月17日の東京フェスの記事が出ていたが、笑えたのは、“フライフィッシャーの土屋守氏が主催する”と、あったこと。フライの専門誌にウィスキーフェスが載るのは、まさに異種格闘技のようなものだが、7~8年前に同誌で2年間くらい連載していたことがあるので、それなりに認知はされているのだろう。

 半年前に来たときには、カワウの大群がいて、釣り場のニジマスをかっさらっていったが、昨日はアオサギの群れが池のニジマスを狙っていて、ビックリした。普通アオサギは岸辺などにいて、足元の魚を狙うが、王禅寺のアオサギは、空中から水面の魚を狙ってダイブするのだ。もちろんカワウのように潜れるわけではないので、翼を広げて水面に飛び込み、傷ついてヨタヨタしているニジマスをくわえて、飛び去るのだ。こんな風にして魚をとると、初めて知ったし、ちょっと異様な光景である。こんど行ったら、ぜひ写真を撮りたいと思っている。

 ということで、3時すぎに釣り場からもどってきて、再び大全の校正・原稿執筆。さすがに睡魔には勝てず、10時すぎに就寝…。

 今日は午前中、大全の仕事をして、午後イチでスコ文研。2時から次の単行本の打ち合わせ。ウイスキーの入門書を出したいというアーク・コミュニケーションズのIさん、Mさんの2人が見えられ、本の概要について説明を受ける。すでにワイン、日本酒の本を出していて、ウイスキーが酒関係では3冊目となるとか。とにかく時間がないが(3月に出版したいという!)、できるかぎりのことはすると約束。年明け早々から、動きださなければならない。来年3月は大全と、この本の2冊が同時に出ることになるのだが…。

 その後、『ウイスキー通信』『コニッサーズ倶楽部』などが印刷所から届き、その発送作業。明日中にすべて発送してしまわないといけないが、その前に連休中に書いていた年賀状2000枚近くを(個人用、スコ文研用含めて)発送。無事、元旦に届いてほしいと願うばかり。

 事務仕事が一段落したところで、大全のテイスティング。3連休中できなかったので、その分を暮れのうちに消化してしまわなければならない。テイスティングは毎日はツライが、かといって3日もやらないと、調子がイマイチ出ない。悩ましいかぎりである。

 今年もいよいよ、あと一週間だ…。

131226.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter