2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「メーカーズマークセミナーとワールドのミーティング」
 さすがに体がキツイ…。連日、大全の校正、テイスティングにおわれているが、どうしても3日も4日も続くと、体がもたない。2009年の『シングルモルトウィスキー大全』の時は、最後の1ヵ月半で200アイテムくらいを一気にテイスティングし、帯状疱疹に倒れてしまった。今回はその轍を踏まないため、かなり早めからテイスティングを始めているが、それでも連チャンになると、やはりシンドイものがある。

 午前中、恵比寿で校正をして、午後スコ文研。大阪のワイン&スピリッツのWさんとCさんが来社し、久しぶりに話をする。今年から輸入しているタスマニア産ウイスキー3種を試飲させてもらう。サリバンズコーブのもので、10年くらい前に飲んだ時より、はるかに良くなっている。これならスコッチやジャパニーズなどと伍して、やっていけるのではないかと思った。いつかタスマニアの蒸留所を訪れたいと思っているのだが…。

 その後3時半すぎに歩いて六本木のヒルズタワーへ。4時からサントリー主催の“メーカーズマーク・ディップィング・セミナー”に出席。最初に20~30分ほどメーカーズマークについて説明があり、その後3種の比較テイスティング。ジャックダニエル、ワイルドターキーと飲み比べる。ジャックはチャコールメローイングで、ターキーは副原料にライ麦を使っている。メーカーズマークはライのかわりに小麦を使うのが特徴だが、こうして飲み比べてみると、その違いがよく分かる。

 テイスティング後は、お待ちかねのディッピング。例の赤い封蝋作業で、蒸留所で実際何度か体験したことがある。それを日本でもやっているのだ。蒸留所では、売店で売っている帽子やグラス、何にでもディッピングさせてもらえたものだ。

 セミナーは5時半すぎに終了し、その後、大阪から来ていたワールド編集部のMさんを交えて、次号の『Whisky World』のミーティング。具体的なラインナップについて、つめの作業を行う。年末から年始にかけ、こちらのほうも待ったなしである。一度スコ文研にもどり、再び歩いて、7時半すぎに恵比寿の仕事場にもどることにした。

131218_1.jpg

131218_2_20131220161931d04.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter