1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「今年最後のモルトマラソンとテレビ放送」
 『ウイスキー通信』『コニッサー倶楽部』の入稿が一段落したので、『ブレンデッド大全』『Whisky World』に集中。大全は校正とテイスティングに日々没頭している。毎日4~5種類のペースでテイスティングを続けている。ワールドは18本のテイスティングアイテムを決め、その撮影を先週していたが、昨日・今日で、それをテイスターに発送作業。

 それらの作業におわれて、あっという間に時間がすぎ、7時から今年最後の『究極のモルトマラソン』。1月からスタートして、今回でちょうど12回目となる。今回は、①インチマリン、②リンクウッド、③マッカラン、④ロングモーン、⑤ラガヴーリン、⑥ラフロイグの6種類。

 ①はロッホローモンド蒸留所のシングルモルトで、パッケージデザインがリニューアルされた新商品の15年物。ボトルはお洒落だが、中身は…。②のリンクウッドもオフィシャルの“花・動”。こちらはスペイサイドらしい華やかさがあり、秀逸。参加者の評判もなかなかのものだった。

 ③のマッカランは私の『シングルモルトウイスキー大全』の出版(2009年)を記念して出した、1995年蒸留の14年物。271本の限定で、久しぶりに飲んだが、マッカランの本来の酒質とはどういうものなのかがよく分かる、秀逸なシングルモルトだ。これを飲むだけでも価値がある(?)。本日の目玉の1つ。

 しかし、真の目玉は④のロングモーン1975。自由ヶ丘の「スペイサイドウェイ」の10周年記念ボトルで、さすがのロングモーン。最上級の白桃のような濃厚でフレッシュなアロマ・フレーバーがあり、なんとも言えない。スコ文研オリジナルのロングモーン1976と、どちらを出そうか迷ったが、どちらも美味! 今年最後のモルトマラソンにふさわしい酒だろう。

 ⑤⑥はもちろんアイラモルト。⑤はオフィシャルの16年で、⑥のラフロイグはスコ文研長和フェスのオリジナル。この2つを飲み比べると、同じアイラでもその違いがよく分かる。ということで、9時すぎに終了。体調がイマイチなのと疲れがたまっていたので、そのままタクシーで恵比寿の仕事場に帰宅。BSジャパンで『昭和は輝いていた』の“愛しのウヰスキー”を放送していたが、最初から見たかったので、録画予約することにした。いったい、どんな出来になっているのだろうか…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter