2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ピーター・オトゥールさん死去のニュース」
 12月もすでに半分が過ぎ、今年も残すところ半月あまり。例によってこの土・日も『ブレンデッド大全』の校正・執筆作業におわれてしまった。今回の大全はスコッチだけではなく、アイリッシュ、ジャパニーズのブレンデッドも取り上げるが、そのために半数近くのアイテムを新規に書きおろさなければならない。出版の時期を考えると、1日に1個のブランドを書きつづける計算となる。さらに、今回はテイスティングノートも載せるので、150近いブレンデッドのテイスティングも加わってくる。それも単純計算で、1日に3~4アイテムをこなさなければならない。気の遠くなるような計算だ。

 午前中、『ウイスキー通信』の入稿の確認をして、午後スコ文研。通信も予定通り入稿作業が完了し、あとは下版と『コニッサーズ倶楽部』の入稿、下版、そしてチラシ類の製作だ。今回は3月30日のボトラーズフェス、5月の蒸留所ツアーのパンフレットも同封しなければならない…。少々風邪気味の体にムチ打ち、それらの入稿作業。

 そういえば、ネルソン・マンデラ氏の訃報につづいて、イギリスの俳優、ピーター・オトゥールさんが亡くなったというニュースがテレビで流れていた。ピーター・オトゥールといえば『アラビアのロレンス』。実は私の“北への憧れ”、“砂漠志向”は、この映画の影響で、大学時代に探検部に入ってチベットやシルクロードを目指したのも、もとはといえば、映画の中に出てくるアラビアの砂漠のシーンが、あまりにも印象的だったからだ。

 以来ピーター・オトゥールの出る映画はほとんど観たし、ロンドンのウエストエンドで、オトゥール主演の演劇もわざわざ観に行ったほどだ。もともとシェイクスピア俳優出身だが、すでに舞台から離れて久しく、演劇そのものは、あまり良い出来ではなかった。しかし、生でピーター・オトゥールを観れたことは嬉しかった。『アラビアのロレンス』もだが、私が好きだった映画は『チップス先生さようなら』! 私がイギリスに暮らしたいと思ったのも、少なからず、この映画の影響だったのかもしれない。また一人、名優との別れである…。

 ということと関係なく、夜は久しぶりに学習院の桜友会関係者と会食。その前に大全のテイスティングでウィスキーを5種類飲んでいたこともあり、ビール、日本酒、焼酎などを飲み、11時半すぎに帰宅。

131216.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter