1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「来年のバーボンフェスのミーティング…」
 連日『ウイスキー通信』の校正・入稿作業。今回は年3回発行している『コニサー倶楽部』も同時に作らなければならないので、その校正・編集作業も同時進行。さらに次号の『Whisky World』のテイスティングボトル18本の選定も行う。

 毎回、この選定には苦労させられているが、とにかく新製品を中心に、スコッチやバーボンだけでなく、ジャパニーズ、アイリッシュ、ワールドウイスキーなども視野に入れて、アイテムをしぼりこむ作業。東京フェスで各ブースを回る時間がなかったので、イマイチ情報不足ではあるが…。

 そんな校正作業・編集作業の真っ最中、4時からキリンのTさん、キリンディアジオのAさんら5 人が来社し、来年のバーボンフェスや、ブレンデッドの新たな展開についてミーティング。バーボンフェスは予定通り7月に行うこととし、その日程等についても、詰めの確認を行う。とにかく、あとは会場さがしである。

 ボトラーズフェスの出展案内・告知をしたばかりだというのに、もう7月のバーボンフェスの準備である。来年は3月のボトラーズフェス、6月の大阪フェス、7月のバーボンフェス、11月の東京フェスと、フェスが目白押しだ。9月の長和は今のところペンディングだが、これもやれば、全5回ということになる。「2ヵ月に1回ウイスキーフェスティバルを開催!」と、冗談で言っていたが、おそろしいことに、現実となりそうな勢いだ。

 まあ、やるならこのタイミングしかない。「今でしょ!」である。キリンやキリンディアジオさんとのミーティングでも言ったが、来年は1年365日、どこかでウイスキーのイベントをやっているくらいの年にしなければならないと思っている。ワインやビール、日本酒などと比べても、ウイスキーはまだまだやることが、山のようにあるのだ。

 スコ文研は小さな組織だが、2001年の設立以来、それを目指してやってきた。来年もその旗振り役として、あらゆることにチャレンジしていきたいと思っている。

 ということで、5時半すぎにミーティングは終了し、再び通信の校正作業。まさに大詰めをむかえていて、時間との勝負である…。といってるところに、『日経ビジネス』の最新号と、集英社新書の『日本ウイスキー 世界一への道』が届いた。『日経ビジネス』には、先日BSジャパンで放送された、1時間番組のDVDが特別付録としてついている。『日本ウイスキー…』は、ワールドの書評欄でもとりあげ、集英社の『青春と読書』にも書評を寄稿したが、サントリーの嶋谷さんと輿水さんが共著というかたちで書きおろしたものだ。

 特に製造のところは圧巻で、これ以上の入門書はないのではと思われる。まさにウイスキーファンにとっては待望の本である。ウイスキーコニサーの資格認定のセミナーなどでも、大いに活用したいと思っている。

131211_1.jpg

131211_2_201312131553044b6.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter