2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ウイスキーニュースの原稿8本をアップ」
 昨日、今日とスタックしていた通信の原稿、HPのウイスキーニュースの原稿に取りかかる。特にウイスキーニュースの原稿は1ヵ月近く、たまってしまった。英文のニュース資料が山のようになっているが、そのすべてに目を通し、ニュースとして価値のあるものをピックアップ(1ヵ月で約10~12本くらい)。それを日本語のニュース原稿にしてゆく。

 もちろん、英文ではサマリー程度にしか出ていない。その背後にあるもの、持っている意味・意義を読み解くのは私の仕事である。そのニュース原稿を8本くらい書き終えたが、相変わらずユニークなボトルや、増産態勢のニュースが多い。中でも驚いたのが、マッカランの新蒸留所建設のニュースだ。まだこれは初期の計画段階だが、実現すればますますスペイサイドは面白いことになる。

 午前中、その作業をし、午後スコ文研。通信の編集作業を再開し、蒸留所探訪記などの画像をデザイナーに送ってしまう。その後4時からアサヒのYさんとミーティング。来年のビッグチャンスに向け、竹鶴関連のセミナー、雑誌のタイアップなど、かなり多くの依頼を受ける。すべては無理かもしれないが、来年は週イチペースくらいで、竹鶴関連のセミナー、イベントを仕掛けていきたいと思っている。とにかく、来年は今年にもまして超多忙な一年となりそうだ。

 5時半近くにミーティングは終了し、その後、再び通信の編集作業、ボトラーズフェスの草案づくり。スタッフは失われたテープおこし原稿に再び取り組んでいる。この4日間の失われた時間を、なんとしても取りもどさないといけないからだ。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter