1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ディアジオのシークレットプロジェクト…」
 酒を飲んだ翌日は、さすがにツライ。特に昨日は午前中からテイスティングをしていたので、相当量のウイスキーを飲んだことになる。年々酒を飲んだ翌日の、特に午前中がツライ…。

 あまり仕事に集中できないので昼にスコ文研に行き、『ウイスキー通信』の校正。一度その作業を中断して3時に神保町のディアジオへ。フェス前にエジンバラのテイスティング会に招待されていたが、スケジュール調整ができず、断念していた。その“シークレット・プロジェクト”のウイスキーをテイスティングしてもらいたいということで、行くことに。

 用意されていたのはノンエイジと18年、25年の3種類のシングルモルト(グラスの蒸留所は関係ない)。まったくのシークレットなので、来年2月まで一切公表しないでほしいといわれたが、要するに来年ディアジオ社が全世界的に展開する、スーパープレミアムの新商品だという。蒸留所名を明かせないのは残念だが、ディアジオ28蒸留所の中の、ある1つの蒸留所のシングルモルトである。

 社内的にもほとんど知らされていないそのプロジェクトの説明を聞き、蒸留所名を聞かされた時、あ~、やられたと思った。なるほど、この蒸留所を選んだのか、この手があったのかという思いである。ある意味、“真打ちの登場”といえるかもしれない。それほどインパクトのある蒸留所なのだ。

 実際テイスティングしてみて、さらに驚いた。従来、この蒸留所が持っていたイメージとは異なっている。非常にフルーティでエレガント、それでいて複雑なアロマ、フレーバーがあり、ボディもしっかりしている。人気を博すのは間違いないだろう。あとはパッケージやデザインなどだが、それは来年2月以降決まるという。発売は全世界いっせいに来年6月からというから、遠大なプロジェクトである。もちろん、今からその日が楽しみだ(それまで書けないのは残念だが…)。

 テイスティング後、再びスコ文研にもどり、『ウイスキー通信』の校正・編集作業、年賀状の校正。もう年賀状の季節となっている。今年はスコ文研用と、私個人用の2種類の年賀状を作ることにした。スタッフでデザイナーのOさんの力作だ。

 その後、6時から通信のミーティング。いつものようにデザイナーのIさんに来てもらい、台割を渡しながら、次号の説明、その入稿スケジュールの確認をする。年末は印刷屋も立てこんでいるため、いつもよりスケジュールが早く、あと2週間ですべてを入稿しなければならない。なんとも、世話しない師走となりそうだ。もっとも、いつものことではあるのだが…。

131128.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter