1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「秋田で日本酒カクテルの審査員…」
 昨日は体調不良で仕事がはかどらず。仕事場の整理などをして1日を過ごす。今朝は4時半に起きて、6時53分の新幹線で秋田へ。秋田キャッスルホテルで開かれた、「秋田県知事杯 全国日本酒カクテルコンペティション」の審査員を務める。

 車中でNBA会長のKさんと席が一緒で、いろいろ話をする。来年のバーショーや、うちのウイスキーフェスティバルのことなど、できれば協力していきたいということで、意見が一致。いずれにしろ、来年はNHKの竹鶴ドラマのこともあり、大いに盛り上がりそうな一年だ。

 カクテルコンペは一般の部、プロの部とあり、我々はプロの部の審査員を務めることに。NBAの他に、HBA、PBO、そしてCCSからもチェアマンや専務理事の方が、審査員として招ばれている。いわば業界4団体のトップが揃い踏みだ。

 12時前から会食があり、その後いったんホテルにチェックインし、3時からプロの部がスタート。エントリーは全国から集まった15名のバーテンダーで、秋田の日本酒を使った創作カクテルで競われた。さすがに皆、第一線で活躍しているバーテンダーだけあり、安心して見ていられる。今回は味覚審査がメインということで、味覚に集中したが、日本酒を使ったカクテルの難しさを、改めて知らされた。

 結局、競技は1時間ちょいで終了し、6時から大ホールで結果発表と表彰式、そして懇親会が開かれた。それぞれ一般の部、プロの部でブロンズ、シルバー、ゴールド、そして最優秀賞が発表されたが、まずまず妥当というべきかもしれない。

 急遽、最後の挨拶をさせられたが、無事コンペティションは終了し、そのまま秋田一の繁華街、川反町にあるバー「レディ」で2次会。その後10時半すぎに、今回のコンペの仕掛人ともいえるSさんの「ルヴェール」に行き、3次会…。コンペの時から日本酒カクテルや、ビール、もちろん懇親会で各種の日本酒をしこたま飲んでいたせいか、いつにも増して酔いが早い。

レディ、ルヴェールではひたすらウイスキーのハイボール、水割りを飲んでいたが、すっかり酔ってしまった。NBAのKさん、PBOのチェアマンKさんも相次いでホテルにもどり、結局、HBAのWさんと残っていたが、さすがに4時起きはきつく、12時半にルヴェールを辞し、ホテルにもどって就寝。長い長い一日であった。

131124_1.jpg

131124_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter