1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワールドの下版と長野屋オリジナルボトル」
 『Whisky World』の下版のため、10時すぎにスコ文研。まだチェックしてないページを中心に校正をし、大阪の編集部とやり取り。ようやく1時半すぎに、すべての校正が終わり、無事下版。あとは印刷所からの上がりを待つだけである。早ければ来週の月・火には届くだろう…。いつものことだが、時間ギリギリ。しかし、どうにか間に合わせることができた。フェスと同じで、終わってみれば、これもやりとげたという充実感で一杯だ。これだから、やめられないのかもしれない。

 といってる間もなく、11月30日(土)に開かれる長野屋の試飲会向けのオリジナルボトルのレシピ作りに取りかかる。比率は明かせないが、今年はハイランドパーク1996、1998、ラフロイグ1999、そして長野屋オリジナル、オーナーズカスクの山崎を使った。いわば日英合作モルトである。これは長野屋のオーナーH君の「和のテイストもぜひ入れたい」という、強い要望によるものだ。この手の、スコッチとジャパニーズをブレンドする試みは、私も初めて。非常に興味深かった。

 ということで、レシピを完成させ、それをスタッフのSさんに渡し、製造の指示。合計30本を作ることになる。もちろん720mlのフルボトルだ。

 さらに、8月からアルバイトスタッフとして働いてくれていたTさんが、今日付けで最後となるため、スタッフ一同の感謝をこめて、フェスオリジナルボトルの「ブナハーブン1990」1本をプレゼントすることに。それも、世界に1本だけの特別のラベルをOさんが作り、それを貼ってプレゼントした。

 8月から、エキスパート試験関係を一手に引き受けてくれて、Tさんがいなかったら、どうなったのかと、考えるのも恐ろしいくらいだ。今年最後のフェスが終わって、ワールドも下版。もう次の『ウイスキー通信』は待ったなしだし、来年のボトラーズフェスに向けて動き出している。まだまだ、やることは山積しているのだ。

DSC_0164_20131121164254145.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter