2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「東京フェスに過去最多の2500名が来場!!」
 5時に目覚しをかけていたが、その前の4時半に目が覚めてしまう。フェスの当日は、いつもこうだ。さっそく支度をして、6時20分に会場となる東陽町のホテルイースト21に向かう。ホテルに着いたのは7時ちょい。すでにスタッフのNさん、Sさんが来ていて荷物の仕分け等を開始している。

 まずはスコ文研ブースで、私の本などにサインをする作業。毎回、この作業に30~40分かかってしまう。前に名古屋でやった時に大全300冊にサインしたことがあったが、その時は1時間かかってしまった。

 8時前には、ほとんどのスタッフが集合し、各自持ち場で準備開始。その後、続々と学生アルバイト、出展社ブーススタッフも集まり、10時には予定通り、スタッフ全体ミーティング。今回は過去最多の出展ブースとなったため、恒例のスタッフ大集合写真は、いつにも増してスゴイことになった。

 会場がオープンしたのは10時50分。11時には予定通り、私が開会宣言をして、今年の東京フェスがスタートした。

 オープン直後の11時20分からは、ブラインドコンテストの予選がスタート。今年の参加者は30名強。予選は20分で終了したが、すぐにセミナー会場Bに移動し、休む間もなく『竹鶴ノートを読み解く』のセミナーを開始。前日の土曜日にある程度は準備していたものの、レプリカノートはこの時初めて見た。そのため(写真が貼られていないことに気付き)、急遽、内容を少し変えつつ1時間15分ほど話をする。写真が貼られていたら、その写真についても説明しようと思っていたが、それはできず終い。

 一度、全体会場にもどり、再び休む間もなく1時45分からカバランセミナー。これについては興味深い話をいくつも聞くことができたが、それは別の機会にゆずりたい。

 カバランセミナーが終わったのが3時10分で、そのまま再びセミナー会場Cに移動し、ブラインドコンテストの決勝がスタート。結局、今年の優勝者は錦糸町のバー「オールドスコット」の渋谷知美さんに決定した。

 とそこまで、5分の間隔を置いてセミナー会場C・B・A・Cと移動し、セミナー2つとブラインドの予選・本選をこなし、ようやく本会場にもどったのが4時すぎ。相変わらずの人の山で、熱気がすごい!

 あっという間にフェスも終わりに近づき、5時半から中央ステージで、ブラインドコンテストの表彰式。そして5時50分に閉会の挨拶をして、6時に無事フェスは終了。参加者の皆さんは帰路についたが、我々の仕事はまだ残っている。それからブースの撤収を始め、荷物の梱包が終わったのが、7時頃。

 スタッフは打上げで、近所のレストランに行ったが、こちらはまだ仕事が残っている。送れなかった荷物を再び車に積んで、スコ文研にもどり、その荷物を事務所に搬入。ようやく、すべてが終了したのが8時半頃で、朝から何も食べていなかったので、近所の寿司屋で寿司だけつまみ、10時前に恵比寿の仕事場にもどる。

 長い長い一日だったが、入場者数も2500名を超え、大盛況で終えることができた。心身ともにヘロヘロになっていたが、一方でやりとげた充実感もあった。

 いずれにしろ、詳細は後日に!

131117_1.jpg

131117_2.jpg

131117_3.jpg

131117_4.jpg

131117_5.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter