2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ブラインドコンテスト用のボトルを用意」
 今日は3連休の最終日だが、仕事がつまっているため、朝から原稿。その後2時すぎにスコ文研。17日のフェスで行うブラインドコンテストのボトルを用意。

 予選・決勝4種類ずつ、計8種類のボトルを用意し、それをA・B・C・Dとラベルを貼った別の空瓶に移し替える作業。この作業は集中を要するのと、私以外のスタッフにも知らせないために、休日に一人でやるしかないからだ。

 その後、これも集中を要する『Whisky World』のテイスティングをし、そのコメントを作成。今回、私がやらなければならないのは8種類だが、それを一度にやるのはシンドイので、半分だけやることにした。アイリッシュのイエロースポット、イングリッシュのセント・ジョージズ、そしてバーボンがテキサスのブルーコーン、ケンタッキーのワイルドターキーだ。

 イエロースポット以外は、どれもこれも曲者で、特にセント・ジョージズとブルーコーンは、まだまだという感じがしないでもない。ワイルドターキーも、いわゆるターキーらしさがでていなく、これはこれで変化球である。

 それに対してイエロースポットは、最近のアイリッシュの躍進ぶりを象徴するかのような1本。やはり、アイリッシュのピュアポットスチルは面白い。グリーンスポットの姉妹品だが、こちらのほうが12年と熟成が長い。一度、レッドブレスト12年と飲み比べてみたいと思っている。

 ということで、久しぶりに広尾の明治屋で買い物をして、6時すぎに恵比寿にもどる。このところチーズとワインに、再びハマっている。フェスオリジナルの“源助屋ウイスキー”のレシピにも取りかからないといけないのだが…。

131104_a_2013110616000521d.jpg

131104_b_201311061600070b4.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter