1
2
5
8
9
11
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「還暦祝いの同窓会に出席…」
 このところ風邪気味だったので、昨日は久しぶりに10時すぎに就寝。そのせいか、今日は少し体力も回復している。朝6時前に起きて、8時すぎから『Whisky World』の原稿。“ワールドウイスキー蒸留所”(前号はウエールズのペンデーリン)で、スコッチの最新のウルフバーンと、台湾のカバラン蒸留所について。

 昼すぎに原稿を書きおえ、3時12分の新幹線で越後湯沢へ。5時からNASPAニューオータニホテルで開かれた、昭和47年佐渡高校卒業の同窓会に出席。今年、我々の代が60歳の還暦を迎えたのを記念して開かれたもので、越後湯沢が選ばれたのは、新潟、佐渡と、関東圏に住む者との中間に位置するからという理由だ。どちらからも来やすい(?)という、配慮である。といっても、どうしても1泊になってしまって、かえって不便だと思うのだが。私は仕事があるので、日帰り参加という強行スケジュール。1次会は8時に終了し、私以外はほとんど宿泊なので、そのまま2次会に行ったが、私は9時すぎの新幹線で東京にもどった。

 それにしても卒業して41年! 15歳の春から知っているわけだから、かれこれ45年ということになる。高校は1学年7クラス、合計320人くらいいたと思うが、出席したのは約90名。先生も5~6人来ていたから、総勢100人という大宴会になった。あの頃とすっかり変わってしまったもの、変わらないもの…、皆それぞれだが、ここまで、よく無事に生きてきたものだと思う。正面スクリーンには懐かしい高校時代の映像とともに、最後のほうで、亡くなってしまった19名の仲間たちの高校時代の写真も映し出された。

 320名中19人。その数字が多いのか少ないのか分からないが、この時、初めて亡くなったのを知った級友も多かった。同窓会は5年に1回の割合で開かれているが、皆リタイアして、これからは出席も増えるだろう。しかし、その分、鬼籍に入る友も増えることになるのかもしれない。40年前には誰も想像しなかったことだが、我々もすでに人生の終盤にさしかかっているのだ…。

131103.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter