2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「フェスオリジナルボトルのラベルが出来あがる」
 このところフェスの準備においまくられている。とにかく、決めなければならないことが多すぎて、一瞬も気が抜けない。といってフェスだけをやればいいわけではなく、エキスパート試験の採点、集計、『Whisky World』の編集作業、『ウイスキー通信』の次号の企画、台割決定、そして『ブレンデッド大全』の原稿執筆など、盛り沢山だ。

 今日は午前中、フェスやウイスキーニュースのことをやり(資料読み)、昼すぎにスコ文研。2時からBSジャパンのスタッフと打ち合わせ。毎週火曜、夜9時から放送している『昭和は輝いていた』に出演してほしいというのだ。先週この話があり、昨日番組をチェックしたが、司会進行は武田鉄矢さんで、毎週テーマがあり、そのテーマについて語れるゲストを2~3人呼んで、トークショー形式で進行していくという1時間番組だ。

 オンエアは12月17日(火)だが、その収録を11月5日(火)にやりたいという。この回のテーマは「ウイスキー」ということで、私以外のゲストはサントリーの輿水さんと、もうひとりはリリーフランキーさんか、中井美穂さんだという。スタッフ2人と1時間ほど、具体的な内容、進行について打ち合わせを行う。

 それが終わって3時から、2階のウイスキースクールでスタッフ募集の面接。先週、新しいスタッフを一人雇ったばかりだが、まだまだ人材不足。スコ文研として、来年以降もやることが山のようにあるからだ。まだまだチャレンジは続いていく。急遽、面接したIさんにも11月1日から入ってもらうことにした。

 その後、4時からサントリーのNさん、Tさん、そしてAさんの3人とミーティング。近くに迫ったヒルズアワードの件と、来年以降のシングルモルトのプロモートについて。セミナー等で、スコ文研がコラボすることも多くなりそうだ。ウイスキーの、本当の意味での価値訴求が、来年から始まるのかもしれない。ますます、ウイスキーを取り巻く環境は面白くなりそうな予感だ。

 それが終わって、再びフェスの準備。フェスオリジナルボトルも続々と決まりつつあり、今日は印刷所から、東京フェス記念ボトル、「ブナハーブン1990」のラベルが届いた。ボトルの到着は、やや遅れていて、11月11日となる見込みだとか。ボトルの前にラベルが刷り上がったことになる。

 今回もラベルは渡辺トモコさんのオリジナル版画。“海の生物シリーズ”で、グレンバーギのアンコウ、クライヌリッシュのクラゲに続いて、今回はフグである。クライヌリッシュとクラゲ、ブナハーブンとフグ…。なんとなく語感が似ているから採用したわけではないが、まあ、遊び心と理解していただければ(単なるダジャレにもなっていないが…)と思っている。

 そんなこんなで、恵比寿にもどったのは8時すぎ。このところ夜はフェスの招待券の発送作業におわれている…。

DSC_0002.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter