2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「久しぶりのスコ文研テイスティング」
 新潟、福島で集中豪雨。テレビのニュースで佐渡が出ていてビックリした。実家のある両津夷は海に突き出た砂洲で洪水の心配はないが、あちこちの河川で増水している様子。新潟清酒達人検定で先日行った新潟市のオークラホテルの眼の前は信濃川。川のほとりは遊歩道が整備され、ランニングをする人の姿も目についたが、すっかり褐色の濁流にのまれている。

 午前中、原稿と校正。午後スコ文研に行き夕方7時から久しぶりのスコ文研テイスティング。ワールドで取り上げたボトルや、先日アイルランドで買ったボトルを中心に、①ブッシュミルズ12年、②パワーズ12年、③ザ・グレンリベット・マスターディスティラーズ・リザーブ、④シグナトリー・レア・エアシャー1975、⑤グレンファークラス175周年、⑥信濃屋トマーティン1976の6種をテイスティング。①から③は先日の『ウイスキー通信』のテイスティングアイテムでもある。④はエドラダワーを訪れた際に買ったもので、レア・エアシャーはもちろんレディバーンのことだ。

 今回の参加者は9名だったが、やはり一番人気は⑥のトマーティン1976。トマーティンに限らず1976年ヴィンテージには美味しいモルトが多いが、それは何故かということに話題が集中…。確たることは分からないが、この時期スコットランド産大麦のゴールデンプロミス種が普及し、製麦特製、糖化、発酵の品質が向上したのかもしれない。もちろん、それだけではないだろうが、モルトウイスキーのヴィンテージについても考えさせられる。

 二番人気は⑤のグレンファークラス175周年かと思ったが、意外と①のブッシュミルズ12年を推す人が多かった。改めて飲んでみると、ブッシュミルズ・モルトのバランスの良さ、美味しさに驚かされる。③のグレンリベットは開けたての時より風味が安定し、特にトップノートに感じた、やや若いアルコールぽさが軽減され、飲みやすくなっている。ただし、他のアイテムと比べると、そのバランスの悪さはどうしても気になってしまう。

 予定のテイスティングは9時頃に終了し、その後はスコ文研とブラックアダーがコラボレーションした、オリジナルのロウカスク5種をフリーテイスティング。やはりトーモア1990が断トツの旨さで、「これだけを買いたい!」という声が多かった。意外だったのはスモーキンアイラで、アイラ3種の中では、これが一番バランスが良いかもしれない。

 久しぶりということもあって、予定をはるかにオーバーして10時すぎにお開き。世話人のSさんと、その後広尾の香月で冷やし中華を食べて11時すぎに帰宅。考えてみれば、今年初めての冷やし中華であった。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter