1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「試験問題の判定会とタトゥーシュのボトル…」
 昨日は川口と横浜でウイスキー、カクテルのイベントがあり、スコ文研のブースも出したが、私自身はエキスパート試験の問題作成が間に合わず、一人恵比寿で校正。その後、昼前にスコ文研事務所に行き、校正の段取り。午後は再び恵比寿にもどって、グレングラントのセミナー等の準備。

 今日は午前中、通信の校正等をして昼前にスコ文研。入稿前の『ウイスキー通信』の最終チェック、校正。エキスパート問題の最終校正をして、1時半から問題の判定会。代表世話人のYさんを交えて、1から問題の検証をやる。その作業が終わって再び校正…。いくつかの重大なミスに気付いたからでもある。

 さらに4時から、20日の試験本番のミーティング、続けて11月17日のウイスキーフェスの、主にセミナーのミーティングを時間ギリギリまで行う。結局セミナーはA、B、Cの3会場で、ブラインドコンテストも入れて計8講座。これはまだ本決まりではないが、アメリカのシアトルにあるタトゥーシュ蒸留所が、初めてブース出展するのに伴って、セミナーをやることになるかもしれない。これが決まれば、全9講座ということになり、セミナーの数でも過去最大となる。

 そのタトゥーシュの日本での窓口を担当しているコンサルタントのSさんが来社して、タトゥーシュのボトル1本を届けてくれる。その場にいたYさんも交えて、さっそく試飲してみたが、悪くない。アメリカで今流行しているクラフトディスティラリーだが、造りはいたってオーソドックスのようで、バーボンだが、軽く飲みやすく、バランスも良く、くいくい飲めてしまう。ある意味、バーボンのニューウエーブかもしれない。

 ちなみにこのボトルはフェス記念として会場で販売予定だ。そのため急遽、アメリカからボトルを輸入することにした。これでスコ文研ブースで売るフェス記念ボトルは、台湾のカバランも入れると、7~8種類ということになる。これも、もちろん過去最大だ。

 ということでミーティングを6時前に切り上げ、7時過ぎに東京・丸の内の和食レストランへ。台風接近で風雨が強まる中、7時半からグレングラントのデニス・マルコム氏以下、カンパリのMさん、Sさん(上海から来日)、アサヒの担当者4~5名と会食。もちろん16日のセミナー・トークショーの打ち合わせも兼ねてのことだったが、和食のフルコースを食べながら、しばしデニスさんらと話をする。

 デニスさんは驚いたことに日本は初めてとのこと。グレングラントに15歳で樽職人見習いとして入って以来、52年のキャリアとなるが、今まで訪れる機会がなかったという。やはりグラントは、同じグループ(現在はペルノリカール)のグレンリベットの陰にかくれるかたちで、この40年近く、マーケティング的には不遇の時代を過ごしていたのだ。それが一変したのは、2006年のカンパリ社による、グレングラントの買収であった…
 
 会食は10時すぎに終了し、明日のトークショーの成功を期して、お開きとなった。外はますますの雨…。そのままタクシーで恵比寿にもどることにした。

DSC_0448.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter