1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「長和フェス2日目とブラインドコンテスト」
 フェス2日目。昨夜は11時くらいに就寝したにもかかわらず、1時間半おきくらいに眼がさめて、トイレに行く始末。10畳くらいのだだっ広い和室で寝ていると、山の冷気が室内にも入ってくるかのよう。仕方なく4時半くらいに起き、5時すぎに階下の大浴場で朝風呂につかる。誰もいない大浴場で湯につかっていると、少し元気も出てくるというもの。

 部屋にもどり、今日のスケジュールを確認した後、出発の準備をして7時半に食堂で朝食。8時半にスコ文研会員で、八ヶ岳山麓に暮らすMさんが車で迎えに来てくれた。Mさんは毎年長和のフェスでブースを手伝ってくれている。今年も一日、ブースに入ってもらうことにした。そのMさんの車に、私とスタッフのNさん、キリンの田中さんが乗って、9時に会場入り。たかやまのペンションに泊まっていたスタッフ4人も合流して、さっそくスコ文研ブースのディスプレイを開始。10時50分のオープンに備える。昨日はできなかったが、今日はブース出展者ミーティング、オープニングの挨拶等も私がやらなければならないので、長和のF君とスケジュール確認。どうも、タイムスケジュールがイマイチ頭に入らない…。

 とにかく予定通り10時50分にオープンし、11時に開会宣言。私と観光協会のKさん、長和の町長が歓迎挨拶を行った。昨日ほどの安定した晴天ではないが、時折さす日差しが眩しすぎるほど。直射日光に当たると肌がやけそうだ。

 会は順調に進行し、3時頃から3回目となるブラインドコンテストの準備。早々とチャレンジャー10人が決まっていたので、正面にテーブルを2個設置し、その上にグラス4個ずつを並べていく。今年は5種類から4種類にアイテムを減らし、時短もはかることにした。問題も例年より易しくしてある(つもりだ)。準備ができたところで挑戦者10人を呼びこみ、ルール説明。私のカウントダウンとともに、15分のコンテストがスタート。結果は4問中3問正解した者が2名も出て、優勝者はジャンケンで決めることにした。今年の優勝者は松戸から来たバーのオーナーKさんに決まった。詳細は、次号の『ウイスキー通信』(10月25日発行予定)で、掲載したいと思っている。

 その後、今年のフェスの目玉であるライブがつづき、5時にツアーの一行はバスで新宿目指して帰京の途に。スタッフ4人とカクテルブースを担当してくれたバーテンダー2人もバスに乗って、フェス会場を出発。残されたスタッフ2人と会員のMさん、私の4人でブースの撤収作業。5時半に少し予定を早め、私が閉会の挨拶をして、今年の長和フェスは無事終了した。

 各ブースへの挨拶を済ませ、車で宿泊先のペンションに移動。長い、長い2日間がようやく終わった…。協力してくれたすべての人、参加者に感謝である。あとはいよいよ東京フェスを残すのみだ。

DSC_0097.jpg

DSC_0107_20130926184619b9a.jpg

P9221607.jpg

P9221634.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter