2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「グレンロセスセミナーとワールドの入稿作業」
 再び朝から『Whisky World』の最終校正。その後、グレンロセス・セミナーの準備をして1時に日比谷の東京会館へ。2時からBBR主催のグレンロセス・テイスティング・セミナーの講師を務める。

 最初にBBRのジョニー・ロバーツさんがスコッチ全体の市場の流れや、エドリントン、グレンロセスについてプレゼンを行い、その後、私のほうがスコッチの動向、グレンロセスのつくりの特徴、そしてウッドポリシーなどを述べ、待望のテイスティング。

 ロバーツさんとは1年半前に、バカルディジャパンの依頼で札幌から博多まで全国行脚して以来である。あの時は私がアバフェルディとデュワーズについて述べ、たしかロバーツさんがグレンロセス、カティサークを担当していた。今回グレンロセスがバカルディジャパンからBBRジャパンに移って、ロセス単独のセミナーが実現したというわけだ。

 テイスティングアイテムは、①セレクトリザーブ、②ヴィンテージ1998、③同1995、④1991、⑤1988の5種類。グレンロセスの全生産量の95%はエドリントンがフェイマスグラウスやカティサーク、デュワーズ、シーバスリーガルの原酒として使い、残りの5%のみがシングルモルトとしてボトリングされる。その権利、ブランド権をBBRが所有しているのだ。

 その5%のうち3%(60%)が①のセレクトリザーブで、2%(40%)がヴィンテージシリーズである。セレクトはマルチヴィンテージ、ノンエイジの、いわばグレンロセスのハウススタイルともいえるもので、ヴィンテージは、それぞれに風味、個性が異なっている。今までに20種類のヴィンテージがリリースされ、そのうちの12種類はすでに完売だという。現在、BBRジャパンが日本に入れているのが、上記4種類のヴィンテージだ。

 セミナーに先立ち、先週この5種類(セレクトも入れて)をじっくりとテイスティングしてみたが、実に面白い。グレンロセスはシェリー樽をメインにしていて、そういう意味では同じエドリントングループのマッカラン、ハイランドパークと同じだが、ハウススタイルは好対照で、より飲みやすくソフトで、マイルド。樽がそれほどストレートに前面に出ていなく、ブレンド(ヴァッテッド)の妙が光る。

 そんなことを話しながら、1時間ほど話をしてセミナーは無事終了。『Whisky World』の入稿作業が残っていたので、そのままタクシーでスコ文研にもどり、最後の校正作業…。まったくもって、ハードすぎる一日だ。

DSC_0270.jpg

DSC_0274_20130920162623060.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter