2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「中秋の名月に月見団子をいただく…」
 昨日でワールドの入稿・校正作業はほぼ終了し、今日は下版のみ。次は、もう待ったなしで長和フェスと東京フェス、そしてエキスパート試験、『ブレンデッド大全』である…。一度、アタマの中を整理しないとグチャグチャである。このところ、その「整理作業」に時間ばかり取られているのは、気のせい…。整理が終わるとグッタリで、実際の作業にかかる時間がなくなっているのだ。

 昼すぎにスコ文研に行き、ワールドの下版作業、長和の準備、『ウイスキー通信』、次号『Whisky World』のテイスティングボトルの決定。そして9月29日(日)から始まる早稲田のセミナー、10月5日(土)の水戸セミナーのミーティング。
 
 早稲田は昨年に引き続き開くもので、ボトル等は決定しているが、その段取り・資料等の準備をしなければならない。水戸のセミナーは「紅茶館」で、これも20年近く毎年やっているもので、今年は1日3コマをこなさなければならない。まず午前中は紅茶をいただきながらのセミナーで、今回のテーマは「知られざるウェールズの歴史と文化」。

 午後からは水戸の太萬川屋の主催で「スコッチの最新動向とスコ文研オリジナルボトルを飲む」というセミナーを予定している。これはどちらかというとプロ向きのセミナーで、かなり突っこんだ話となる。そして夜の部として、再び一般向けのスコッチセミナーを用意。こちらのテーマは「スコッチを100倍おいしく飲む方法」、というか、スコッチにまつわる興味深い話を気の向くままに語りながら、5種類のウイスキーを気軽に楽しもうというもの。

 とはいっても、ある程度テーマがないと、ということで、“南極の氷の下から発見されたシャクルトン・ウイスキー”をメインに、その経緯を語りながら、ついでにレプリカボトル第2段を飲もうというもの。それ以外にウェールズのペンデーリン、そしてスコッチシングルモルトの定番として3つの個性、クラガンモア12年、ハイランドパーク12年、ラフロイグ・クォーターカスクを飲むことに。まあ、いってみればスコッチのゴッタ煮、話題のテンコ盛りだ。午前の部から夜まで合計で6~7時間。ほとんどブッ通しなので、体力がもつかどうか…。ある意味、チャレンジである。

 それらの準備、ミーティングをして、再び7時から「究極のモルトマラソン」9回目の木曜コースがスタート。中秋の名月ということで、受講生の一人から月見団子をいただいた。銀座「ふるや」のみたらし団子と黒ゴマ団子である。さすがに、その場で食べるわけにはいかなかったので、スクール終了後に恵比寿に持って帰り、ゆっくりといただいた。

 考えてみれば、中秋の名月の日に団子いただくのは、いつ以来だろう。小学生の時、まだ祖母が生きていた頃は、ススキを飾り、自家製ダンゴを食べていた記憶はあるが、それ以降はまったくない。つまり50年ぶりくらいとなる。マンションの谷間から見る久しぶりの満月は、それ自体、昔と変わらぬ美しさである…。

DSC_0374.jpg

DSC_0370.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter