2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「長和フェス記念ボトルとモルトマラソン⑨」
 やはり連日の疲れが出ているのと、このところ朝夕涼しくなったせいで、よく眠れるのか、朝起きるのがツライ。といっても5時間半以上は眠れないのだが…。

 今日も台風一過の晴天。11時前にスコ文研に行き、11時半にミーティング。サントリーのYさんらが来社し、ウイスキー検定の件で少し話し合う。すぐにどうという話しではないが、シングルモルト検定を発展させていく、いいチャンスなのかもしれない。来年の開催の前に、改めて考えることにした。

 その後、『Whisky World』の最終校正・入稿作業に集中。さらに4時すぎから長和フェスの最終ミーティングと荷物のパッキングを開始。長和では恒例の有料・無料試飲、スコ文研オリジナルボトルの販売も行うが、急遽「長和フェス記念ボトル」の販売も決定。そのラベル貼りも完了させてしまう。

 今回はフルボトルのラフロイグと、200mlのオリジナル・ヴァッテッドの2種類。ラフロイグは例の版画をモチーフにしたラベルを作り、200mlのほうは、私のチベット(ラダック・ザンスカール)の写真をラベルにした。1976年と79年に撮影したもので、「土屋守の原風景シリーズ」の1本だ。ただし中身は同じだが、ラベルは4種類作った。ここまでいくと、もう趣味の世界…。

 中身は土屋守オリジナルのハイランドパーク1996と、ラフロイグのPXカスクのヴァッテッドである。ハイランドパークのスパイシーさ、ハーブ様のフレーバーとラフロイグのスモーキーさが絶妙にマッチしている(と思う)。あえてPXカスク、ペドロヒメネスのラフロイグを選んだところがミソだが、まあ、それは飲んでのお楽しみである。どちらも限定20本という少なさだ。

 ミーティングは結局6時すぎまで続き、いそいでおにぎり2個を食べて7時から「究極のモルトマラソン」第9回目。今回もグレンキンチーからグレンオードまでの6種で、相変わらず、“グレン隊”シリーズが続いている。中にグレンリベット、グレンモーレンジと大物が含まれていたので、とりあえずグレンリベットについて、なぜグレンリベットが、「スコッチの歴史はグレンリベットの歴史である」と、言われるのか。グレンリベットが果たした役割とは何だったのかについて、1時間くらい話をする。…はずだったが、いつものことで伸びてしまい、結局1時間20分くらい喋ってしまった。で、急いでテイスティング。

 ラインナップは①グレンキンチー、ディスティラーズエディション、②ザ・グレンリベット12年、③グレンロッシー10年、花と動物シリーズ、④グレンモーレンジ・エランタ、⑤グレンマレイ30年(ハイランドクィーン・マジェスティ)、⑥シングルトン・オブ・グレンオード18年の6種。

 グレンリベットの12年は、さすがのリベットだが、参加者の人気は意外にも花・動のグレンロッシーだった。実はロッシーは、隠れた銘酒として昔から我々が推奨してきたモルトだが、そう滅多にお目にかかれるものではない。この花・動のロッシーは期待していなかっただけに意外な美味しさがあった。スペイサイドらしい瑞々しいフルーツというよりは、どこかトロピカルフルーツに通じるような、うっとりするようなフルーツ香がある。

 もちろんモーレンジも、そしてグレンマレイの30年物も悪くないし、このラインナップはどれも、飲みやすく、スイートかつフルーティで申し分ないのだが、印象としてはグレンロッシーが一番ということかもしれない。

 ということで予定通り9時に終了し、その後これもいつものことだが、恵比寿の駅前のソバ屋で、ザルソバを一杯。ちょうど新ソバだということで、その新鮮なソバの香りを楽しんだ。

DSC_0348.jpg

DSC_0358.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter