2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「グランド・モルト・テイスティングでブローラ30年を…」
 さすがに昨夜は飲みすぎ…。5人でワインを3本近く飲んでしまった。そのうち1本近くは、私が飲んでいるだろう。11時半すぎにタクシーで恵比寿の仕事場までもどったが、気がついたらソファーで寝てしまっていた。

 今日は午前中、昨日できなかったワールドのキャプション原稿の校正をして、昼すぎにスコ文研。関東もようやく雨(ただしゲリラ豪雨)が降って、少し温度が下がったが、それでもムシ暑い。ワールドのほうの原稿・校正のほうも気になるが、直前に迫った長和フェスも決めなければならないことが山ほどあるので、4時からミーティング。

 バスツアーの参加者の確認や、スコ文研ブースの物販、ボトル販売、有料・無料試飲、ブラインドコンテストなど、1つずつミーティングで確認作業。さらに9月8日に行われるエキスパート試験、集中対策講座の荷物を梱包し、その発送作業も行う。

 10月のアタマに行われる水戸のセミナーや宮古の“シングルモルトの集い”のことも気になっていたので、電話で確認し、ボトルの選定作業もやってしまう。

 6時すぎに事務所を出て、タクシーで渋谷の松濤ギャラリーへ。6時半から、ディアジオ主催の「グランド・モルト・テイスティング(GMT)」に出席。毎年9月にやっているもので、今月もビル・ラムズデン氏が来日していたので、さっそくお互いに近況を伝え合う。このところアジア出張は多いものの、日本に来る機会がめっきり減ったと、苦笑していた。

 会はタリスカー・ストームのお披露目からスタートし、その後自由に階下のラガヴーリン、アードベッグ、そしてグレンモーレンジと見て回った。最後は入口のところで、多くの人と談笑しながら、ブローラの30年をひさしぶりにいただく。やはり、これだけは格別である。秋にブローラの新商品がでることが発表されているが(35年物)、すでに1本750ポンド(97,500円)という高値である。ますます幻となりつつあるのだ。いったい、いつまで飲めることやらである…。


DSC_0505.jpg

DSC_0504.jpg

DSC_0498.jpg

DSC_0479.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter