FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「台湾からカバラン蒸留所のイアンさんが来社」
 午前中はウイスキーニュースの原稿と、ワールドのキャプション。昼すぎにスコ文研に行き、3時からPBOのSさんと、長和フェスのカクテルブースのカクテルについてミーティング。

 今回も長野「グローリー」のKさんや、渋谷「アドニス」のOさん、元・横浜「グローリー」のHさんにお世話になることになった。作ってもらうカクテルは全部で5種類。昨年と同様、地元長野の特産品、リンゴやリンゴジュース、巨峰ジュースを使ったカクテル(もちろんウイスキーベース)、それに、これは要望の強かったノンアルコールカクテルも入れてもらうことにした。

 そのラインナップや材料、当日の入りの時間など、細部をSさんと詰めていく。今年は2日開催と、期間が増えたため、動き自体も複雑だ。急遽、長和フェス・オリジナルのボトルも作ることにしたので、大忙しだ。

 そのフェスに合わせた白州蒸溜所見学ツアーの打ち合わせで、5時にサントリーのNさん、Tさんが来社。白州の見学スケジュール、テイスティングアイテム(9種類!)を、具体的につめていく。それとは別件になるが、来週13日の金曜日には、山崎蒸溜所に行ってこなければならない。増設された4基のスチルのお披露目と、雑誌『東京人』の対談のためである。さらに、11月17日のフェスのセミナーについても、こちらの要望を伝えた。

 そのミーティングの直後に、こんどは台湾からカバラン蒸留所のイアン・チャンさんと呉さんが来社。やはりフェスのセミナーの件で、イアンさんが快くカバランのセミナーを引き受けてくれたからだ。来日の目的は、フェスの打ち合わせもあったが、もう1つは本格的に日本で販売するため、その代理店もさがしているということであった。少しでも、お役に立ちたいと思っている。もちろんフェスでは、スコ文研ブースでカバランのウイスキーを売りたいと思っている。

 ということで、ミーティング後、スタッフのNさん、Tさんと合計5人で六本木のレストランに行き親睦会(?)。呉さんは流暢な日本語をしゃべるので、もっぱら通訳をしてもらいながら、イアンさんとは英語をまじえて話をする。イギリスのブライトンに4年、レディングに4年居ただけはあって、イアンさんは流暢な英語をしゃべる。蒸留所の製造責任者、マスターブレンダーでありながら、今はブランドアンバサダーも兼務し、世界中を飛び回っている。

 すでにヨーロッパ、イギリスでは販路を確保したようで、売れ行きは好調だという。そのため、新たに4基のポットスチルを増設するのだという。これが入れば、スコッチタイプのポットスチルが計8基、ドイツのホルスタイン型8基、計16基ということになり、サントリーの山崎や白州を抜いて、アジア一番の生産規模ということになる。もはや快挙としか言いようのない出来ごとだと思っている。

 スコ文研が開催する、すべてのフェス、イベントに参加するから教えてくれとも言われた。さらに、来年台北で開かれる500人規模のウイスキーのシンポジウムに、演者として来てほしいともいう。これも嬉しい限りである。韓国のソウルといい、台湾のカバランといい、これからは、ますますアジア出張が増えそうだ…。

 ウイスキーは今、アジア市場を席巻しつつあるのだと、改めて思った。

DSC_0213_201309061658003a7.jpg
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter