FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワールドのテイスティングとブラックアダーセミナー…」
 日曜日にいったん鎌倉に帰えり、月曜の午前中に恵比寿の仕事場にもどってきた。そのまま新しいスタッフのSさんの初出社日だったので、昼頃にスコ文研。金曜日に事務所に行けなかったので、仕事が山積みだ。それらを処理して、4時頃から『Whisky World』の8種のテイスティング。

 今回、私が担当するのはジャパニーズ2本にウェールズ、台湾、そしてバーボンが4本の計8本だ。それらを途中、中断をはさみながら夕方までにこなし、大阪に送信してしまう。中で一番印象に残ったのが、この日初めて飲んだノンエイジの竹鶴ピュアモルトだった。竹鶴シリーズはどれもバランスが良いが、これも申し分ない出来となっている。サントリーの山崎・白州のノンエイジといい、日本のノンエイジはどれもこれも非常に質が高いと改めて思った。こういうところにこそ、日本の技術がいかされるのかもしれない。

 今日は午前中、ワールドの蒸留所最新リポートのキャプションを書き、昼すぎにスコ文研。4時にガイアフローのNさんと葉山のFさんが来社し、11月17日の東京フェスのロビン・トゥチェク・セミナーのミーティング。すでにセミナーをやってもらうことは決定していたが、その内容、そしてテイスティングアイテムについて打合わせる。ロビンさん自身は、レディバーンの40年物(!)を出したいようだが、1本20万円近くでは、とてもとても…。

 それにしても、レディバーンのしかも40年物の樽を所有しているというのは、さすがである。一度は飲んでみたいと思うのだが。ブラックアダーのスコ文研オリジナルボトルについては、もう少しツメが必要かもしれないということで、再度、検討してもらうことにした。他のフェスのセミナーについても、そろそろ具体的に決めなければいけない時期にきている…。
スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter