1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ウイスキー楽がついに開講!?」
 猛暑と連日のセミナー疲れで、まったく能率が上がらない…。午前中、原稿と校正をと思ったが作業に集中できないので、原稿は諦め昼すぎにスコ文研。事務仕事をこなした後に、長和フェスと25日の大阪一日集中セミナーのミーティング。特に長和に関しては人員配置等も含めて、少々念入りに行う。バスツアーと会場設営組の2班に分かれて長和に向かうため、それぞれの人員の動きが複雑になるからだ。

 その後、7時から第1回目となる「土屋守のウイスキー(らく)」を、上のスクールで開催。以前スコ文研オフィスでやっていたテイスティング会を発展させたもので、極力珍しい、そして美味しいモルトを飲もうと思っている。その第1回目のラインナップは、①アベラワー12年・オールドボトル、②ブルイックラディ1972、③ハイランドパーク・蒸留所限定、④グレングラント1992・蒸留所限定、⑤グレンドロナック1996・韓国限定、⑥グレンファークラス105・20年の6種類。しかし最初に、シーバスリーガル12年のミズナラエディションが届いたばかりだったので、それを全員で試飲することにした。もちろん、本邦初公開だ(10月1日からの発売)。

 その後、6種のテイスティングに入ったが、①は蒸留所で8本だけ見つかった、30年前のオールドボトル。珍しい1.13ℓのスクエアボトルで、ラベルが逆に貼ってある。これはパブ用のボトルで、イギリスのパブなどではよく見かけるが、アベラワーのものは初めて見た。ほとんど知られていない、超レア物である。ほぼ3ヶ月ぶりくらいに飲んだが、やはりやや石鹸臭を感じる。いわゆる“ソーピー”というやつだ。

 ②のブルイックラディは2012年にジム・マッキューワンさんが来日した時、日本限定で出したシングルカスクのブルイックラディ。当時、ジムさんたちが持っていた最も古い樽からで、10年ぶりに飲んだが、すこぶる美味! ブルイックラディの旨さが凝縮されている。③はハーフボトルのハイランドパークで熟成年も入っていないが、これもパークらしさがあって、美味。期待をそれほどしていた訳ではなかったので、余計に美味しく感じられる。

 ④はグラントのリミテッドで、間違ってアイラモルトのカスクに詰めてしまったというもの。確かにピーティで、スモーキー。しかし飲むと、これもパフューミーさがあり、明らかにボウモアと思われるのだ。やはり1~2ヶ月前はそれほど感じなかったが、今飲むと、ボウモアのあの懐かしいパフューミーさが強調されている。恐るべし! アイラの樽といった感じだ。もちろんグレングラントは今も20年前も、ノンピート麦芽だ。

 ⑤はソウルのジャッキーさんが持ってきてくれたもので、これは本当に秀逸なドロナックである。ここまでバランスの良い、そして美味しいシェリー樽は珍しいかもしれない。改めてグレンドロナックと、シェリー樽との相性の良さを思わずにはいられない。それにしても、さすがにジャッキーさんだ。

 最後はオフィシャルのグレンファークラス、それも105の20年物というやつだが、ドロナックを飲んだ後だと、これはキツイ…。シェリー樽としては、はるかにグレンドロナックのほうが優れているという気がする。参加者の意見でも、これだったらスタンダードの105でも良かったのでは…というのが多かった。20年経っても60%のアルコール度数を維持するために、相当樽詰め時にムリをしている気がする。105はそもそも、加水をせずにニューポットの状態で樽詰めを行うのだが。

 ということで、最後はウルフバーンのアンドリューさんが持ってきた、サンプルのウルフバーン2種と、参加者の2人が持ってきたLAPHROAIGのカーチェス、グラッサの1977などを飲んで9時すぐにお開き。不定期ではあるが、今後も月イチくらいでは開催したいと思っている。

DSC_0106_2013082616271876b.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter