1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「さすがの疲れで体が悲鳴を上げる…」
 台湾から帰って、そのままウェールズ。ウェールズから帰って1週間後に大阪フェス。そしてさらに2週間後にバーボンフェスと続いて、その合間に『ウイスキー通信』『Whisky World』の執筆・編集作業…。その間1日の休みもなく仕事を続けたせいか、さすがに体が悲鳴を上げ始めた。一昨日から調子が悪いと思っていたが、昨日は朝から腹痛と下痢である。

 しかし、仕事を休むわけにもいかないので(やるべきことがエベレストのように積み上がっている)、昼すぎにスコ文研。フェスの荷物の片付けの合間に長和フェス、ボトルのサマーセールのチラシ等の製作。なんとか来週中にはDMを発送したいと思っている。その後、6時から『ウイスキー通信』のミーティング。デザイナーのIさんに来てもらって、台割プランなどを渡す。その時に、アメリカの密造酒時代を舞台にした映画、『欲望のバージニア』が公開されていることを初めて知った。『天使の分け前』いい、今年はウイスキーを題材にした映画の当たり年なのかもしれない。

 今日も腹痛、下痢はおさまっていなかったが、早朝の涼しいうちに通信の蒸留所探訪記の原稿6枚。今回は5月に訪れたハイランドのノックドゥー(アンノック)蒸留所である。スタッフの手が足りていないので、早めにスコ文研に行き、チラシ作りの続き、次号『Whisky World』のテイスティングボトルの選定。大阪フェス、バーボンフェスのおかげで、事務所内はボトルの山となっている。

 さらにそこに追いうちをかけるように『ブレンデッド大全』用のボトル50本近くが、小学館のTさんによって運び込まれる。これも整理して、片っぱしからテイスティングしないといけないのだ。一段落したところで、今週土曜日に銀座のノリタケで行われる紅茶セミナーの準備。受講希望者が多いため、セミナーは午前と午後の2回となった。テーマは『ティークリッパー、カティサーク』。もちろん、紅茶とウイスキーの密(?)なる関係だ。

 7時から再び『究極のモルトマラソン⑦』。いわゆる“グレン隊”の巻だ。予定通り9時に終了し、そのまま恵比寿に直帰。昨日からほとんど、おかゆくらいしか食べていないので、腹が空いたが、用心のため我慢することにした…。空っ腹でウイスキーのテイスティングをするのは、かなりツライものがある。

2U6A2209.jpg

IMG_4815(タテヨコどちらか使用)
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter