1
3
4
6
10
12
14
16
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「モルトマラソン、“グレン隊”パート2」
 徐々にバック・トゥ・ノーマルに持って行かねばならない。また急に暑くなったが、『ウイスキー通信』の校正作業をして、昼すぎにスコ文研。マクドゥーガルクロニクルのカット3点について考え、それの指示だし。イラストレーターのWさんに発注。

 3時に近ツリの担当者2人に来てもらい、ウェールズの報告と、長和のバスツアーの依頼。外は激しい雷雨となっている。その後、日刊経済通信社のSさんが来社。さっそくバーボンフェスのことについて、記事にしてくれていた。

 ミーティング等が一段落したところで、『ウイスキー通信』のテイスティングで使うボトル6点のうち5点を撮影。1点はサンプルだけいただいたので、画像は別注ということになる。まだフェスの荷物の片づけがまったく終わっていないが、どんどん、いろんなことが進行しているという感じだ。同時にワールドのカメラマンのW君に連絡して、ワールド用のボトルの撮影の日にちも決めてしまう。さらに、8月に行うスクールの「ウイスキー学」、今回から改めて「ウイスキー楽、レアなウイスキーを楽しむ会」のボトル6本を決め、その撮影。いわば、スコ文研テイスティングの復活で、楽しく飲むのがコンセプト。

 ということで(関係ないが)、7時からスクールの「究極のモルトマラソン、第7回目」がスタート。今回はグレンカダム、グレンドロナック、グレンダラン、グレンエルギン、グレンファークラス、グレンフィディックの6本で、いわば“グレン隊”である。どれも悪くはないが、やはりファークラスの105とグレンフィディックの15年、ソレラリザーブが群を抜いている。ドロナックもシェリー香が豊かで悪くはないが、ファークラス、フィディックに比べるとバランスがイマイチか…。もちろんオフィシャルと比べても、仕方がないのだが。

 ということで、今回はテーマを決めずにゆっくりとテイスティングをし、予定通り9時すぎにお開き。その後、例によってソバ屋でザルソバを一杯。疲れが体中に張りついて、まるで鉄の甲冑を着ているかのようだ。11時すぎに仕事場にもどり、録画しておいたボクシングのタイトルマッチを観て就寝…。

DSC_0107_20130724180550.jpg

DSC_0052_20130724180551.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter