1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワイルドターキーのセミナーとフェスボトル」
 午前中は『Whisky World』のグレンリベット・アルファの座談会記事を校正して、昼前にスコ文研。バーボンフェスのパンフレット製作、ワールドの校正が待ったなしという状況になってきた。この分だと3連休も、そのまま仕事である…。

 1時前にスコ文研を出て銀座のゼストへ。高速の高架下がそのままビルになっていて、場所が分かりづらい。2時から、そこで開かれた「ワイルドターキー・セミナー」に出席。日本限定のディスティラーズリザーブ13年のお披露目セミナーで、ケンタッキーからジミー・ラッセルさんが来日している。本当は『ウイスキー通信』の編集長インタビューで、取り上げたかったが、スケジュールが合わず、また本人の健康を考慮して、今回は中止ということになった。

 ジミーさんが、ワイルドターキーで働き出したのは1954年のこと。なんと私の生まれ年だ。以来ワイルドターキー一筋に60年。今年の秋にはオン年80歳になる。その年で遠く離れた日本にやって来て、連日セミナーやら、バー巡りやら…。ジミーさんと私は、ちょうど20歳離れているが、自分がジミーさんの歳になったら、こんなことが出来るだろうかと考えてしまう。ましてや、うだるような暑さが続くニッポンだ。

 セミナーには関東のバーテンダーが主に参加していたようだが、テイスティングはスタンダードなターキー、8年、そしてこの13年の3種が用意されていた。さらに最近アメリカで人気のターキーハニー。そしてサプライズとして“フォーギブン”、許しというウイスキーも。これについては発表できないのが残念だが(まだシークレット)、発売されたら、ぜひ1本買いたいと思っている。じつに面白いウイスキーなのだ。

 セミナーの後、懇親会が続いていたが、仕事が残っているので、3時すぎには会場を出て、4時前にスコ文研。再びワールド、フェスの校正、準備に取り掛かる。さらに11月17日に行われる東京フェス・オリジナルボトル用のサンプルがスリーリバーズから届いていたので、それをとりあえず試飲する。7月中にはボトルを決めてしまわなければならない。もちろん9月の長和用のオリジナルボトルについても、もう決めなければいけないのだが…。

DSC_0131_20130717205909.jpg

DSC_0153_20130717205911.jpg

DSC_0164_20130717205907.jpg

DSC_0182_20130717205908.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter