2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ピンバッジとフォアローゼズのリミテッド」
 昨日は朝イチからホテルで仕事(校正)をし、9時すぎの新幹線で東京へ。そのまま2時すぎにスコ文研へ行こうと思ったが、体がバテバテ・・・。35℃を超える猛暑もあり、恵比寿の仕事場にとどまってワールドの原稿と校正。講談社の『世界の名酒事典』のラインナップの検討。今年から取り扱いアイテム数を大幅に減らすので、そのしぼり込みを6月くらいから行っているのだ。
 
 今朝は再び時差ボケか、昨夜ソファの上で8時くらいから寝てしまったせいか、3時半に眼が覚めてしまう。仕方がないので4時からワールドの校正と原稿書き。巻頭のクラシックモルト6蒸留所についてはどうにか書き終えることができたが、画像選びに時間がかかってしまう。大阪フェスの後片付け、バーボンフェス、長和フェス、シングルモルト検定の採点のことも気になっていたので、午後イチでスコ文研。山積みになった事務仕事を片付け、再びクラシックモルトの校正と画像選び。バーボンフェスの当日パンフレットの校正など・・・。

 そういえば注文していたバーボンフェス・オリジナルのピンバッジのサンプルが「ピンズファクトリー」から届いている。ロゴと2013という開催年が入った大きめのピンズで、フェス当日、特別販売予定だ。さらに、フォアローゼズのシングルバレルのリミテッドの詳細が、ようやく明らかに!

 これは毎年ケンタッキーダービーの頃に出しているシングルバレルのリミテッドエディションで、60%と58%の2種があり、そのうち60%のボトルを60本、フェス当日、スコ文研ブースで特別に販売することになった。通常のシングルバレルと違って熟成は13年と倍以上、しかもカスクストレングスでボトリングされている。もちろん、当日はジム・ラトリッジ氏のサイン入りだ。

 もろもろの事務仕事を片付けたところで、7時からスタッフ募集の面接。このところ慢性的にスタッフ不足となっているので、一刻も早く新しいスタッフを入れたいと思っている。スコ文研のような小さな組織は人材確保が一番難しいと、このところ実感させられている。はたして、どうなることやら・・・。

※ボトル画像はイメージです。
130709a.jpg 
130709b.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter